小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

フォーカスは 「設定画面」 から変更可能

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > Euclid's Elementsの意味・解説 

Euclid's Elementsとは

ピン留め
単語を追加
主な意味『原論』(げんろん、古希: Στοιχεία、ストイケイア、英: Elements)は、紀元前3世紀ごろにエジプトのアレクサンドリアで活躍した数学者エウクレイデス(古希: Ευκλείδης、英: Euclid ユークリッド)によって編纂された数学書である。
語彙力診断テストを受ける
  • ・総合診断
  • ・TOEICテスト
  • ・英検
  • ・大学入試
  • ・TOEFLテスト

Weblio英和対訳辞書での「Euclid's Elements」の意味

Euclid's Elements

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


「Euclid's Elements」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 3



例文

Euclid's Elements 例文帳に追加

ユークリッドの(幾何学)原論. - 研究社 新英和中辞典

Within this period also the School of Alexandria was founded, Euclid wrote his 'Elements, ' and made some advance in optics. 例文帳に追加

この時代にはまたアレキサンドリア学派が成立し、ユークリッドが『原論』を書き、光学に多少の進歩をもたらしました。 - John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』

例文

The winner node is determined by setting the node of the competitive layer in which the Euclid distance between the weight elements corresponding to the amount of protein expression and the expression amount of the input protein is minimum. 例文帳に追加

蛋白質発現量に対応する重み要素と入力の蛋白質発現量間のユークリッド距離が最小となる競合層のノードを勝者ノードとする。 - 特許庁




Euclid's Elementsのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

©2016 Weblio RSS