小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

authentic historyとは

ピン留め
単語を追加
主な意味正史

JST科学技術用語日英対訳辞書での「authentic history」の意味

authentic history



「authentic history」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 15



例文

a historical fact that is omitted in the writing of an authentic history例文帳に追加

正史に書きもらされた史実 - EDR日英対訳辞書

an authentic Chinese history consisting of the twenty-one periods, from the ancient era to the era of 'Gen'例文帳に追加

中国の古代から元に至るまでの21部の正史 - EDR日英対訳辞書

例文

an authentic Chinese history consisting of the twenty-five periods, from the ancient era to the era of 'Gen'例文帳に追加

中国の古代から元に至るまでの25部の正史 - EDR日英対訳辞書

>>例文の一覧を見る

斎藤和英大辞典での「authentic history」の意味

authentic history


Authentic history

Weblio英和対訳辞書での「authentic history」の意味

true [authentic] record [history, account]

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「authentic history」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 15



例文

an authentic Chinese history of the twenty-four periods, from the ancient era to the era of 'Gen'例文帳に追加

中国の古代から元に至るまでの24部の正史 - EDR日英対訳辞書

Kanbunden is a style of biography written in classical Chinese, influenced by Kidentai (an East Asian historical writing style) of Chinese authentic history and Kokushitai (Japanese historical writing style) of Japanese authentic history.例文帳に追加

漢文伝(かんぶんでん)とは、中国正史の紀伝体や日本正史の国史体の影響を受けて書かれた漢文による伝記のこと。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

It was mentioned in 'Japan Railway History,' an authentic history book of the Government Railway, which absorbed the Kansai Railway Company.例文帳に追加

これは、関西鉄道を吸収した側の官鉄の正史ともいえる「日本鉄道史」にも紙幅を割いて触れられるほどであった。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る



authentic historyのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン
英語学習・海外旅行に役立つ会員特典
英→日 日→英

このモジュールを今後表示しない
英和和英辞典検索ランキング
こんにちは ゲスト さん

ログイン
英語学習・海外旅行に役立つ会員特典

©2017 Weblio RSS