小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

フォーカスは 「設定画面」 から変更可能

beとは


クイック再生プレーヤー再生
ピン留め
単語を追加
主な意味(…で)ある、です、ある、いる、(…に)なる、(時間が)かかる、(…が)ある、存在する、起こる、(時間が)かかる(だろう)
コア be01.jpg

在る

《A be B》においてBの空間の中にAが位置づけられる関係が示される(BはAの存在の場を示す).Pat is a teacher.だと「先生という範囲(B)」,Pat is happy.だと「幸せという状態(B)」,Pat is running.だと「走っているという連続的動作(B)」,Pat is beaten by Mary.だと「メアリにたたかれたという完結した状態(B)」にパット(A)が帰属することになる
音節be 発音記号
/(弱形) bi; (強形) bíː(米国英語)/

beの
変形一覧

動詞:
単数形現在過去形過去分詞複数形現在過去形過去分詞
一人称単数( I )amwasbeen一人称複数( we )arewerebeen
二人称単数( you )arewerebeen二人称複数( you )arewerebeen
三人称単数( he, she, it )iswasbeen三人称複数( they )arewerebeen
being(現在分詞)

beの
イディオムやフレーズ

beの
学習レベル

レベル:1
学校レベル:中学以上の水準
英検:3級以上合格に覚えておきたい単語
TOEICスコア:220以上取得に覚えておきたい単語
語彙力診断テストを受ける
  • ・総合診断
  • ・TOEICテスト
  • ・英検
  • ・大学入試
  • ・TOEFLテスト

研究社 新英和中辞典での「be」の意味

be

音節be 発音記号/(弱形) bi; (強形) bíː/
《★【用法】 (1) be は語形変化をする; (2) be のは (a) 助動詞のあと,(b) 不定詞(c) 命令法祈願,(d) 仮定法用いるが 《⇒動詞 B のまたはそれぞれの参照》, 動詞 be の共通の用法は次の A 参照》.
I
am (I'm)
was [wasn't]
are (we're) [aren't]
were [weren't]
you
are (you're) [aren't]
were [weren't]
古語thou
was [wasn't]
she
was [wasn't]
was [wasn't]
they
are (they're) [aren't]
were [weren't]
I, we, you, he, she, it they
be
were
古語thou
be
動詞 自動詞
A

a

〔+補語〕〈…で〉ある,〈…〉です.


b

〔+to do〕〈…することで〉ある.


To live is to fight. 人生戦いなり.

c

〔+doing〕〈…することで〉ある.


d

〔+that〕〈…ということで〉ある.


e

〔+wh./+wh.+to do〕〈…かということで〉ある.


語法

2

a

〔+補語〕[場所表わす副詞()を伴って] 〈どこに〉ある,いる; 〈いつ〉ある.


b

〔+to do〕〈…するために〉ある,〈…するためのもので〉ある.


3

〔+補語


b

が〉(時間が)かかる (⇒B1b).


4

a

[there is [are]… で] 〈…が〉ある (⇒there B1).


There is a book [are two books] on the desk. 机の上が 1 [2 ]ある.

b

存在[生存実在]する.


Troy is no more. トロイ今はない.
I think, therefore I am. われ思う, 故にわれあり.

c

起こる (⇒B1c).


The exam was last week. 試験先週あった.
B

a

〔+補語〕[未来表わして] 〈…に〉なる (⇒A3a; become 【語法】 (2)).


b

〔+補語〕[未来表わして] 〈が〉(時間が)かかる(だろう) (⇒A3b).


When will the wedding be? 結婚式はいつなわれますか.

d

〔+補語〕[未来形以外の助動詞伴って] 〈…で〉ある.


That may be true. それは本当かしれない.

e

[can,could を伴って] 存在する.


Can such things be? こんなことがありえようか.

a

〔+補語〕〈…で〉ある.


Let it be so! そうあれかし.
Let him [it] be. [それ]をておけ.

c

存在[生存残存]する (⇒A4b).


To be, or not to be: that is the question. 生きていくべきか死ぬべきか, それが問題だ《★Shakespeareハムレット」から》.

3

〔+補語〕[命令法祈願で] 〈…で〉あれ.


4

[仮定法で]:


If it be so そうならば… 《★【用法】 現在は通例直説法用いる; ⇒be A3a》.
I demanded that he (should) be present. 彼の出席することを要求した 《★【用法】 should を用いないこと多い》.
Resolved (=It has been resolved) that our salary be raised. 俸給上げられたし, 決議す.

自動詞としての「be」のイディオムやフレーズ
if néed bé
助動詞

2

[be+doing進行形って]:


He's coming to see us this evening. 彼は今晩我々ににやってきます.
I must be going. もうかなければなりません.
be GOing to do 【成句】.

3

[be+to do で]:


He was to have arrived at 5. 彼は 5 時に到着することになっていたのだが(まだ到着していない) 《★【用法】 完了不定詞をとる実現しなかった予定表わす》.

d

[運命表わして] …する運命である 《★【用法】 通例過去形用いる》.



Be

音節Be
記号化学 beryllium.

be‐

音節be‐ 発音記号/bɪ, bə/
【接頭辞】
bedaub, beset, besmear, bespatter.
bemoan, bespeak.
befool, befoul, befriend.
becloud.
bewigged かつら (wig) をつけた.

自然科学と技術のほかの用語一覧
化学:  barium  base  basic  Be  benzene  benzene nucleus  benzene ring

「be」を含む例文一覧

該当件数 : 49838



例文

be huffed 例文帳に追加

怒る. - 研究社 新英和中辞典

be sick 例文帳に追加

吐く. - 研究社 新英和中辞典

例文

Be quick! 例文帳に追加

急げ! - 研究社 新和英中辞典


Eゲイト英和辞典での「be」の意味

be

音節be発音記号(())bi, (())bíː
(⇒been, being
コア在る
《A be B》においてBの空間の中にが位置づけられ関係示される(BはAの存在を示す.Pat is a teacher.だと「先生という範囲(B)」,Pat is happy.だと「幸せという状態(B)」,Pat is running.だと「ているという連続的動作(B)」,Pat is beaten by Mary.だと「メアリにたたかれたとい完結した状態(B)」にパット(A)が帰属することになる
人・物が)である自動詞1
存在〕(…にある存在する自動詞2a
状態〕(状態に)ある自動詞2b
時間〕(…に当たる自動詞2c
進行形しているしているだろう助動詞1
受け身されるされている助動詞2
完了形している助動詞3
((be to do))する予定になっているしなければ
ならないになるはずだ助動詞4

動詞
自動詞
1a(の1人1つ])である
b他ならぬである
c総称的概念規定して〕(というものは)であるだ;(とは)のことであるのことをいう
d((形容詞補語伴って))である
2a存在〕(…にある,…に)いる;存在する
b状態〕(状態に)ある
c時間〕(…に当たる
3((命令文で))
4仮定法現在〕((suggest, insist, orderなど要求主張などを表す動詞,あるいはit is natural [proper]などの表現続くthat原形のまま用いて))((())では通例shouldを用いる

助動詞
1進行形〕((be doingで))している(←進行状態置かれている);(近い将来には)しているだろう…することになっている⇒will~1【ネットワーク
2受け身〕((be+他動詞の過去分詞で))されるされている
3完了形〕((be+自動詞の過去分詞で))しているした(結果強調する表現

4((be to doで助動詞の働きをして))aする予定になっている特に公式の予定を表す)⇒will~1【ネットワーク
bしなければならない当然する立場にある

c…になるはずだのはずだ(be supposed to doに近い

成句so be itlet it be so
so副詞成句

語法
beは原形で,直説法の場合次のような語形変化がある((短縮形
一方仮定法の場合現在形人称に関係なくbe, 過去形はwereである
beの形のままで用いられるのは以下の4つ限られる
命令文用いるとき/Be a nice boy!よいいなさ
不定詞のとき/She wants to be a good politician.彼女はすぐれた政治家になりたがっている
助動詞の後来るとき/You must be joking!ご冗談でしょう
仮定法現在形で用いるとき/If it be his will, then let it be done.もしやそれが彼の意思ならばそうさせようじゃないか/I insist that the building be demolished.その建物取り壊すべきだ(このbeは一般に仮定法現在として分類される⇒should4

語法現在進行形be doing意味特徴
現在進行形は,「連続的に動作進行するようすを表す動作連続的に進行しているということは,その動作完結していない状態を表すそして未完連続動作ということから,その動作一時的であるということ含意される.また同時に,その動作行われるリアルな情景連想される
現在進行形buyliveのように通常は進行形ならない動詞に用いることで感情話者いらだちなど)や,一時性過程などが表現されることがある
You're always buying her something.
いつも彼女に何か買っているくせに
I'm living in Paris right now.
今はパリに住んでいる
また,現在進行形未来の事柄を表すことがある.I'm leaving.といえば「ここを離れるつもりだぐらい意味であるが,これは実際に離れているというリアルな情景先取りした表現である
過去進行形未来進行形は,現在進行形応用で,連続的動作の進行回想しているのが過去進行形それを展望しているのが未来進行形である

語法
受け身形で表される内容が「動作意味」か「状態意味のいずれが強調されるかは文脈による
The store is closed at eight.は「は8時にられる動作)」と「8時にはまっている(状態)」のどちらの意味にもとれる
by名詞句」で行為者を示さないと,「ある状態置かれる置かれているといった状態を示すことが多い
He was killed in a traffic accident.
彼は交通事故死んだ
また,あえて動作(変化)の意味明示したいときにはbeではなくgetbecome用いる

B.E.


be-

音節be-発音記号

ハイパー英語辞書での「be」の意味

be

動詞
の状態である
用例
印欧語
bheu-であること」(be)、存在すること、成長することを表すfutureなど。bheu-とも表記

研究社 英和コンピューター用語辞典での「be」の意味

機械工学英和和英辞典での「be」の意味

BE (back end)


BE (best estimate model)


BE (breaker end)

英和医学用語集での「be」の意味

ライフサイエンス辞書での「be」の意味

日本語WordNet(英和)での「be」の意味

be

動詞
1

2

3

4

5

6

7

8

9


値段がつく

(be priced at)



let her be 彼女らしくさせる

名詞
1

EDR日英対訳辞書での「be」の意味

Be

日英固有名詞辞典での「be」の意味

Be

日本人苗字

クロスランゲージ 37分野専門語辞書での「be」の意味

Be

遺伝子名称シソーラスでの「be」の意味

BE

bacillus遺伝子名BE
同義語(エイリアス)1,4-alpha-glucan branching enzyme; glgB; BSU30980; Glycogen branching enzyme; GlgB
SWISS-PROTのIDSWISS-PROT:P39118
EntrezGeneのID---
その他のDBのIDSubtilist:BG10907
fly遺伝子名Be
同義語(エイリアス)l(2)37Be; lethal (2) 37Be
SWISS-PROTのID---
EntrezGeneのIDEntrezGene:49428
その他のDBのIDFlyBase:FBgn0002024
fly遺伝子名be
同義語(エイリアス)tu(3)be; be-3; be: benign; benign; tumor(3)be
SWISS-PROTのID---
EntrezGeneのIDEntrezGene:246939
その他のDBのIDFlyBase:FBgn0003880

本文中に表示されているデータベースの説明

SWISS-PROT
スイスバイオインフォマティクス研究所欧州バイオインフォマティクス研究所によって開発運営されているタンパク質アミノ酸配列データベース
EntrezGene
NCBIによって運営されている遺伝子データベース染色体上の位置配列発現構造機能、ホモロジーデータなどが含まれている
Subtilist
枯草菌ゲノムプロジェクトにより運営されている枯草菌株に由来するDNAタンパク質配列のデータベース
FlyBase
米英大学のショウジョウバエ研究者などにより運営されるショウジョウバエ生態遺伝子情報に関するデータベース

Weblio英語表現辞典での「be」の意味

B.E.

訳語 工学学士

斎藤和英大辞典での「be」の意味

Wiktionary英語版での「be」の意味

be

出典:『Wiktionary』 (2016/06/08 19:39 UTC 版)

語源

PIE roots
*uH-
*h₁es-
*h₂wes-

From Middle English been ‎(to be), from 古期英語 bēon ‎(to be, become), from Proto-Germanic *beuną ‎(to be, exist, come to be, become), from Proto-Indo-European *uH- ‎(to grow, become, come into being, appear). Cognate with West Frisian binne ‎(are), Dutch ben ‎(am), Low German bün ("am"), German bin ‎(am), 古期英語 būan ‎(to live, wone). Forms not beginning with "b" are inherited from the 古期英語 verb wesan.

発音

動詞

be ‎(highly irregular)

  1. (intransitive, now literary) To exist; to have real existence.
  2. With there as dummy subject: to exist.
  3. (intransitive) To occupy a place.
    The cup is on the table.
  4. (intransitive) To occur, to take place.
    When will the meeting be?
  5. (intransitive, without predicate) elliptical form of "be here", "go to and return from" or similar.
    The postman has been today, but my tickets have still not yet come.
    I have been to Spain many times.
  6. (transitive, copulative) Used to name the age of a subject.
    I'm 20.
  7. (transitive, copulative) Used to indicate that the subject and object are the same.
    Ignorance is bliss.
  8. (transitive, copulative, mathematics) Used to indicate that the values on either side of an equation are the same.
    3 times 5 is fifteen.
  9. (transitive, copulative) Used to indicate that the subject plays the role of the predicate nominal.
    François Mitterrand was president of France from 1981 to 1995.
  10. (transitive, copulative) Used to connect a noun to an adjective that describes it.
    The sky is blue.
  11. (transitive, copulative) Used to indicate that the subject has the qualities described by a noun or noun phrase.
    The sky is a deep blue today.
  12. (transitive, auxiliary) Used to form the passive voice.
    The dog was drowned by the boy.
  13. (transitive, auxiliary) Used to form the continuous forms of various tenses.
    The woman is walking.
    I shall be writing to you soon.
    We liked to chat while we were eating.
  14. (archaic) Used to form the perfect aspect with certain intransitive verbs, most of which indicate motion. Often still used for "to go"
  15. (transitive, auxiliary) Used to form future tenses, especially the future periphrastic.
    I am to leave tomorrow.
    I would drive you, were I to obtain a car.
  16. Used to link a subject to a count or measurement.
    This building is three hundred years old.
    It is almost eight.
    I am 75 kilograms.
  17. (With since) used to indicate passage of time since the occurrence of an event.
    It has been three years since my grandmother died. (similar to My grandmother died three years ago, but emphasizes the intervening period)
    It had been six days since his departure, when I received a letter from him.
  18. (often impersonal) Used to indicate weather, air quality, or the like.
    It is hot in Arizona, but it is not usually humid.
    Why is it so dark in here?
  19. (African American Vernacular, Caribbean, auxiliary, not conjugated) tend to do, often do; marks the habitual aspect.

Conjugation

使用する際の注意点

When used copulatively with a pronoun, traditional grammar puts the pronoun in the subjective case (I, he, she, we, they) rather than the objective case (me, him, her, us, them), regardless of which side of the copula it is placed. For example, "I was the masked man" and "The masked man was I" would both be considered correct, while "The masked man was me" and "Me was the masked man" would both be incorrect. However, most colloquial speech treats the verb be as transitive, in which case the pronoun is used in the objective case if it occurs after the copula: "I was the masked man" but "The masked man was me". This paradigm applies even if the copula is linking two pronouns - "I am her" but "She is me" (versus the traditional "I am she" かつ "She is I") and "Am I me?" (versus the traditional "Am I I?").

同意語

統計情報

Most common English words before 1923: had · you · not · #19: be · at · by · on

アナグラム

Latin

発音

名詞

‎(indeclinable)

  1. The name of the letter B.

等位語

参照


B.E.

出典:『Wiktionary』 (2010/01/26 01:44 UTC 版)

関連する語

アナグラム


be-

出典:『Wiktionary』 (2016/05/10 12:54 UTC 版)

語源

From Middle English be-, bi-, from 古期英語 be- ‎(be-), from Proto-Germanic *bi- ‎(be-), from Proto-Germanic *bi ‎(near, by). See by. Cognate with Dutch be- ‎(be-), German be- ‎(be-), Swedish be- ‎(be-). More at by.

発音

派生語

English words prefixed with be-


参照

発音

ウィキペディア英語版での「be」の意味

.be

出典:『Wikipedia』 (2011/05/20 14:46 UTC 版)

英語による解説
ウィキペディア英語版からの引用

「be」を含む例文一覧

該当件数 : 49838



例文

quality of matter (be bad, be bad quality) 例文帳に追加

良くない〜 - EDR日英対訳辞書

Be wedged between 例文帳に追加

挟まれ - Weblio Email例文集

例文

Be in love with 例文帳に追加

惚れた - Weblio Email例文集




beのページの著作権
英和辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2016 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版
© 2000 - 2016 Hyper Dictionary, All rights reserved
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2016 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ライフサイエンス統合データベースセンターライフサイエンス統合データベースセンター
DBCLS Home Page by DBCLS is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
独立行政法人日本原子力研究開発機構独立行政法人日本原子力研究開発機構
Copyright (C), Japan Atomic Energy Agency (JAEA)
※この記事は「北里大学医療衛生学部 医療情報学研究室」ホームページ内の「医学用語集」(2001.06.10. 改訂)の情報を転載しております。
ライフサイエンス辞書プロジェクトライフサイエンス辞書プロジェクト
Copyright (C) 2016 ライフサイエンス辞書プロジェクト
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
独立行政法人情報通信研究機構独立行政法人情報通信研究機構
Copyright(C)2002-2016 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2016 CJKI. All Rights Reserved
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2016 CJKI. All Rights Reserved
株式会社クロスランゲージ株式会社クロスランゲージ
Copyright © 2016 Cross Language Inc. All Right Reserved.
ライフサイエンス統合データベースセンターライフサイエンス統合データベースセンター
DBCLS Home Page by DBCLS is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wiktionary英語版」の記事は、Wiktionaryのbe (改訂履歴)、B.E. (改訂履歴)、be- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wikipedia英語版」の記事は、Wikipediaの.be (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
CMUdictCMUdict is Copyright (C) 1993-2008 by Carnegie Mellon University.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

©2016 Weblio RSS