「工学修士」に関連した英語例文の一覧 - Weblio英語例文検索

英和辞典・和英辞典 - Weblio辞書 英語例文
約757万の例文を収録
 
小ウィンドウ


Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 工学修士の意味・解説 > 工学修士に関連した英語例文


>条件を指定して絞り込む
分野で絞り込む全て
情報源によって絞り込む
セーフサーチ:オン

不適切な検索結果を除外する

不適切な検索結果を除外しない

セーフサーチについて

「工学修士」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 8



工学修士

a master's degree in engineering  - 日本語WordNet

工学研究科(修士課程・博士後期課程)

Graduate School of Science and Technology (Master's Degree Program and Doctor's Degree Program)  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

1955年工学研究科修士課程開設。

1955: Graduate School of Engineering Master Degree was established.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

工学研究科に知識工学専攻修士課程、および数理環境科学専攻修士課程を開設。

Master's program for Information and Computer Science, and master's program for Environmental Science and Mathematical Modeling were established in the Graduate School of Engineering.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

同志社大学の工学研究科とビジネス大学院で工学修士とビジネス修士を3年間で取得することができる。

The students in the Doshisha Graduate School of Engineering and Graduate School of Business can respectively obtain Masters of Engineering and Masters of Business degrees after three-years of study.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

工学研究科とエコール・サントラル国立理工科学学院の両大学の修士を取得することができるダブルディグリーシステムを導入している。

The double degree system was established to acquire degrees form both the Graduate School of Engineering and Ecole Centrale.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

同大学で航空宇宙工学修士号を取得した後,1996年に宇宙開発事業団(現JAXA)で働き始めた。

After receiving a master's degree in aerospace engineering at the university, she started working at the National Space Development Agency of Japan (now JAXA) in 1996.  - 浜島書店 Catch a Wave

1996年に東京大学の航空宇宙工学専攻修士課程を修了後,宇宙開発事業団(現在の宇宙航空研究開発機構・JAXA)に入社。

After earning a master's degree in aerospace engineering from the University of Tokyo in 1996, she joined the National Space Development Agency of Japan (NASDA), now the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA).  - 浜島書店 Catch a Wave





テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   


  
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2014 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.

  
本サービスで使用している「Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス」はWikipediaの日本語文を独立行政法人情報通信研究機構が英訳したものを、Creative Comons Attribution-Share-Alike License 3.0による利用許諾のもと使用しております。詳細はhttp://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/ および http://alaginrc.nict.go.jp/WikiCorpus/ をご覧下さい。

  
日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2014 License. All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved.License

©2014 Weblio RSS