「石器」に関連した英語例文の一覧(6ページ目) - Weblio英語例文検索

英和辞典・和英辞典 - Weblio辞書 英語例文
約757万の例文を収録
 
小ウィンドウ




>条件を指定して絞り込む
分野で絞り込む全て ビジネス(1)
情報源によって絞り込む
セーフサーチ:オン

不適切な検索結果を除外する

不適切な検索結果を除外しない

セーフサーチについて

「石器」を含む例文一覧

該当件数 : 311



<前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ>

チョッピング=トゥール(ChoppingTool)-礫の一部に両面から交互に打撃を加えて、表面を剥離させジグザグ状の刃をつけた石器

Chopping tool: A kind of pebble tool having a zig-zag edge formed by exfoliating a part of a pebble by beating it from both sides  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

日本列島の旧石器時代に用いられた石材の代表的なものは、黒曜石、頁岩、サヌカイトなどがあげられる。

Typical stone materials used in Japan in the Paleolithic Period were obsidian, shale, Sanukite (Sanuki-gan stone) and others.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

日本では、後期旧石器時代ごろから造られたと考えられており、北海道から九州にかけて18カ所の遺跡で確認されている。

In Japan, it is believed that such dwellings started to be built in the latter Paleolithic era, with 18 such sites found across Japan from Hokkaido to Kyushu.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

主に旧石器時代から縄文時代にかけて使われており、弥生時代に入って金属器が使われるようになると次第に減少した。

It was mainly used from the Paleolithic era to the Jomon period, but as metal tools came into use in the Yayoi period, the number of the stone tools decreased.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

縄文時代になると石匙・石鏃・石錐・石斧・石槍など用途に応じた多様な打製石器がつくられるようになる。

In Jomon period, various kinds of chipped stone tools, including a stone spoon, a flint of arrowhead, a chipped-stone drill, a stone ax, and a stone pike, were made according to the use.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石器時代と縄文時代の違いは、土器の出現や竪穴住居の普及、貝塚の形式などがあげられる。

The main differences between the Paleolithic period and the Jomon period are the emergence of the earthenware, the spread of tateanajukyo (a pit dwelling house) and the style of shell mounds.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

日本列島の旧石器時代の人々は、大型哺乳動物や中・小型哺乳動物を狩猟対象としていた。

The people in the Paleolithic period in the Japanese archipelago hunted large, medium, and small mammals.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石器時代の人々は、更新世の末まで、キャンプ生活・遊動生活を営みながら頻繁に移動生活を繰り返してきた。

The people in the Paleolithic period frequently traveled from one place to the next while engaged in camping and nomadic life until the end of the Pleistocene epoch.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石器時代・縄文時代・弥生時代時代において主に樹木の伐採や土掘り、農耕用として使われた。

Stone axes were mainly used for felling of trees, soil digging and farming in the Paleolithic period, the Jomon period and the Yayoi period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

しかし、沿岸部ではまれに有茎石鏃に似ているが基部(茎の部分)が太く、粗いつくりの打製石器が出土することがある。

However, chipped stone tools similar to Yukei Sekizoku, excluding its thick base (projected part) and poor construction, were seldom excavated.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

なお一部には打製石器による石包丁も出土しており、必ずしも当時の文化伝播が一様ではなかったこともしのばれる。

Some of excavated ishi-bocho was chipped stone tools, showing that the culture in those days was not uniformity spread.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

ただ過渡期的には同時期隣接地域にて、ほぼ平行して石器と貴重で高価な青銅器などが併用されていた様子もうかがわれる。

It was observed that transitionally stone tools were used together with precious and expensive bronze wares and others at the same time and in neighboring areas.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石核(せっかく、core)とは、一般に打製石器の素材とされる剥片(flake)をはがし取った際に残った原石のことをいう。

Sekkaku (the stone core) refers to the ore that remains after tearing off the flakes, which usually serve as the raw materials for chipped stone tools.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

その起源はナイフ形石器から発展変化したとも、ユーラシア大陸からもたらされたものともいわれるが、未だに解決されていない。

It is said to have been developed and evolved from the knife-like stone tools or brought from the Eurasian Continent, but its origin is not still unknown.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

そこで、細石器段階以前を初期尖頭器、以降を発達期の尖頭器と呼ぶこともあるが、両者の差異はかなり顕著である。

Therefore, the point before the appearance of microlith is called 'early point' and the one after microlith is called 'point in developing period,' and the difference between these styles is considerably remarkable.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石刃技法(せきじんぎほう)とは、後期旧石器時代に出現し、同時代を特徴づける縦長剥片の剥離技術のこと。

The blade technique is a technique of removing vertically-long lithic flakes from stone, which emerged during the upper Paleolithic period and characterizes the period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

日本においては約3万年前から約1万5,000年前頃にかけてナイフ形石器と歩調を合わせて発達した技法である。

In Japan it was developed from about 30 thousand years to 15 thousand years ago along with knife-like flint tools.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

磨石(すりいし)とは、縄文時代、主としてクリ・クルミ・ドングリなどの種実類をすりつぶし、粉をひくために用いた礫石器のひとつ。

Grinding stones refer to a kind of small stone tools used to grind nuts and seeds mainly chestnut, walnut and acorn into powder in the Jomon period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

局部磨製石斧(きょくぶませいせきふ)とは、いまより約3万年前の後期旧石器時代初頭に登場した、刃先に磨きをかけた石斧のことである。

Kyokubumasei-sekifu is a edge-ground stone axe which appeared in the early upper Paleolithic period about 30 thousand years ago.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

オーストラリアの2例は溝部をもつ例として報告されているが、石器実測図からは研磨部分を読み取ることは難しい。

Although the two examples found in Australia were reported to have grooves, it is difficult to identify the ground facets from the measurement chart of the stone tools.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

弥生時代の道具類を材質から分類すると、大きく石器、木器・青銅器・鉄器・土器などに分けることができる。

Tools used in the Yayoi period can be divided into materials, such as; stoneware, woodenware, bronze-ware, ironware, and earthenware.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

「日本の石器時代についての論文」(東大理学部生物学科図書室蔵・松村文庫283)を発表する。

He published a paper titled 'The Stone Age in Japan' (a property of Biological Sciences Library, the University of Tokyo; Matsumura Bunko 283).  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

二上山には石器の素材となる讃岐岩(サヌカイト)の層があり、古くから周辺に人が住んでいたものとみられる。

There is a layer of Sanuki-gan stone (Sanukaite) (a kind of bronzite andesite), of which stone tools can be made, in the ground under the Nijo-zan mountain range, and therefore, it is believed that people had lived around there since ancient times.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

撮像位置を固定したビデオ用カメラ2により、単色面3上の石器Aとスケール4を撮像し、撮像した画像データをコンピュータ5に取り込むとともに、ディスプレイ6に表示されたスケール4から石器Aの寸法を計測するための基準長さデータを設定し、かつ石器Aの画像データのみを抽出して基礎データDa…を得、この基礎データDa…と基準長さデータから石器Aの寸法を計測するとともに、基礎データDa…を処理することにより、発掘出土品データを作成する。

Then, the dimension of the stone tool A can be measured from the basic data Da... and the reference length data, and excavated article data can be prepared by processing the basic data Da.... - 特許庁

ところで、事件のことはもっと正確なデータが手に入るまで置いといて、今朝の残りを新石器時代人の研究に費やそうじゃないか」

Meanwhile, we shall put the case aside until more accurate data are available, and devote the rest of our morning to the pursuit of neolithic man."  - Arthur Conan Doyle『悪魔の足』

日本列島にも旧石器文化が存在したことは、岩宿遺跡(群馬県)をはじめ、各地での発掘調査の結果から明らかとなっているが、日本の旧石器文化の遺物には造形芸術と呼ぶべきものはほとんど存在しない。

Excavation and research in many places, including the Iwajuku Archaeological Site (in Gunma Prefecture), revealed that there had once existed a Paleolithic culture on the Japanese archipelago, but things that can be called art and design have rarely been found in the relics of the Paleolithic culture.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

縄文時代(じょうもんじだい)は、年代でいうと今から約16,500年から約3,000年前(紀元前10世紀)、地質時代では更新世末期から完新世にかけて日本列島で発展した時代であり、世界史では中石器時代ないし新石器時代に相当する時代である。

The Jomon period is approximately from 16,500 to 3,000 years ago (the tenth century B.C.) in terms of date, developed from the end of the Pleistocene epoch to the Holocene epoch in the Japanese archipelago in terms of geological age, and is comparable to the Mesolithic period or the Neolithic period in terms of the world history.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

この磨製石器(表面を滑らかに他の石にこすり合わせて磨いて形を整えた石器の様式)は、長さ12-20cm・幅3-5cm程度の薄い板状で、ちょうど手のひらの中に収まるようなサイズとなっており、形は長方形または半月型の扁平な形状である。

This ground stone (smooth surface stone tool to be achieved by rubbing stones each other) is in a thin board-like form with the length of 12 to 20 centimeters, and the width of 3 to 5 centimeters; it is just the size of the palm of the hand and its shape is rectangular or semicircular.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

文化人類学者の佐々木は縄文土器編年区分のうち草創期を旧石器時代から新石器時代への移行期として縄文Ⅰ期、土器編年の縄文早期を縄文文化が完成に向かう時期として縄文Ⅱ期、土器編年の縄文前期から晩期までを完成した縄文文化が保持された時期として縄文Ⅲ期に分類した。

Sasaki, a scholar of the cultural anthropology, classified the incipient period of the periodization based on the Jomon earthenware sequence as the first Jomon period which was the transitional period between the Paleolithic period and the Neolithic period, the earlier period as the second Jomon period which was the period when the Jomon culture progressed toward maturity, and from the early period to the last period as the third Jomon period which was the period when the matured Jomon culture was maintained.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

舞鶴地域の文化遺産を保存・展示する施設として、市内の遺跡から発掘された土器や石器、旧家の古文書などが、時代別に陳列されており、古代から現在までの舞鶴の歴史を伝える展示場である。

As a facility for storing and exhibiting the cultural heritage of the Maizuru area, it is an exhibition hall which exhibits the history of Maizuru City from ancient times to the present day, by displaying historical articles, such as earthenware and stoneware excavated at ruins in the city and old documents from families of pedigree, for each separate period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

はさみ山遺跡(はさみやまいせき)は、大阪府藤井寺市に所在する旧石器時代(日本)~近世の各時代の遺構や遺物が見つかった複合遺跡。

Located in Fujiidera City, Osaka Prefecture, the Hasamiyama Remains are compound remains where remains and relics in various periods from the Paleolithic period (in Japan) to the early-modern times have been found.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

全国的には、現在わかっている日本最古の住居跡が見つかったことで知られ、そこでは後期旧石器時代の住居の構造が明らかになったことが特筆される。

Nationally, the remains are known as a place where the oldest-in-Japan dwelling site was found, and in particular, the structure of a dwelling in the latter part of the Paleolithic period was made clear there.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

はさみ山遺跡の旧石器時代住居は移動生活主体で住居としては洞穴や岩陰遺跡が多かったとみられる時代のものとしてはきわめて稀少なものである。

It is considered that in the Paleolithic period, people's lives were mobile, and they were likely to live in caves or behind rocks, and that therefore, such a site as the Hasamiyama Remains was quite rare in that period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

広くは、帯は結び目を作ることで固定するが、帯鉤(たいこう)と呼ばれる金具によって固定するものも、ヨーロッパでは新石器時代の終わり頃からすでに見られる。

Generally, obi is secured by tying a knot, but in Europe, a form with metal fittings called taiko for securing can be seen from around the end of the Neolithic era.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

手で投げることを始めとして、西洋のような投石器を使用するもの、日本手ぬぐいを持ってそれに代用するもの、砲丸投のように重量のあるものを投げつけるものなど様々な形態があった。

Inji had different styles such as slinging by hand, operating a Western style sling, utilizing Japanese towels in place of the sling, or throwing heavy stuff like putting a shot.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

南西諸島においてこの時期の前半は旧石器時代が継続していたが、約6千年前以降に貝塚時代に移行し、およそ平安時代末期まで続いた。

In the small islands southeast of the main islands of Japan, life were characteristic of those during the Paleolithic Period in the first half of this period, but the shell mound period started around 60,000 years ago and continued until around the end of the Heian period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

文献史料がなく考古史料が残る時代は、考古学上の時代区分に従い、旧石器時代(日本)・縄文時代・弥生時代・古墳時代と区分する。

The era when no historical documents are available and the historical archaeological materials that remain are classified, based on the classification of historical periods used in archaeology, in the Paleolithic period (in Japan), the Jomon period, the Yayoi period, and the Tumulus period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

一つは、石同士あるいは、道具を使用して打ち叩くことによって、剥片をはいで道具として使用するのにかなった形に成形する打製石器(だせいせっき)である。

One is a group of Dasei-sekki (chipped stone tools) which were formed into a shape usable as a tool by chipping away flakes from a stone by beating it with another stone or a tool.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

日本の竪穴住居は、伏屋式と壁立式とがあり、後期旧石器時代から造られ始めたと考えられており、縄文時代には盛んに造られ、のちの弥生時代に伝わる。

Pit-type dwellings in Japan are divided into fuseya type and kabedachi (walled) type and are believed to be built starting in the latter half of the Paleolithic era, becoming widely built in the Jomon period and in the subsequent Yayoi period.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

大型の哺乳動物は季節によって広範囲に移動を繰り返すので、それを追って旧石器時代人もキャンプ生活を営みながら、頻繁に移動を繰り返していた。

The large mammals migrated extensively by the season; therefore, the people in the Paleolithic period followed migration patterns and frequently moved from one place to the next setting up camps along the way.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

そして、旧石器時代から縄文時代への移行期である草創期には一時的に特定の場所で生活する半定住生活を送るようになってた。

Then, during the incipient period, the transitional period from the Paleolithic period to the Jomon period, people came to settle temporarily in specific locations and lived in semi-sedentary settlements.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

また、東海地方の早期の定住集落、静岡県富士宮市若宮遺跡は28棟の竪穴住居をはじめとする多数の遺構群とともに、土器と石器が18,000点ほど出土している。

In addition, at the Wakamiya remains in Fujinomiya City, Shizuoka Prefecture, the early example of the sedentary settlement in the Tokai region, the tateanajukyogun with twenty-eight dwellings and many other groups of structural remnants along with approximately 18,000 pieces of earthenware and stone tools were excavated.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石包丁(いしぼうちょう、石庖丁)は、日本の縄文時代や弥生時代の遺跡から、(中国では仰韶文化、竜山文化)発掘される磨製石器

The term ishi-bocho (stone implement) refers to a ground stone tool excavated from remains in the Jomon period or Yayoi period in Japan (in Yangshao culture and Longshan culture in China).  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石器としてはそう珍しいものでもなく、日本国内でも米作を含む農耕文化の発達で定住化が進んだ遺構の多くから出土している。

Ishi-bocho was not unusual as stone tool, and it is excavated in many of the ancient structural remnants where people resided permanently with the advance of agricultural culture in Japan.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

槍先形尖頭器は、細石器が多用された時期には一時的に減少傾向をみせるが、縄文土器が出現する前後に最盛期をむかえる。

The use of lanceolate-shaped point decreased temporarily during the period in which the microlith was widely used, but it reached its peaked around the time when the Jomon were began to be developed.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

ナイフ形石器は、製作・使用された時期や地域、素材となった剥片の性質、刃潰し剥離が施された部位、あるいは全体の形の違いなどから、下記のような型式に区分される。

Stone tools resembling a knife are categorized into the following types according to the period or region that they were made or used, the nature of the materials of flake, the parts blunted and exfoliated, or the difference of overall shapes.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

石器時代には縦長の剝片をはがし取るための石刃技法、横長の剝片をはぎ取っていく瀬戸内技法などがあるが、縄文時代の剝片剝離は比較的自由に石核を打ち割っており、規格性に乏しい。

Techniques in the Paleolithic period include blade technique to remove vertically long flakes and Setouchi technique to remove horizontally long flakes, however, flakes in the Jomon period seem to be made more freely by hitting and cracking the core and there were not strict standards.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

すり潰すための石器である磨石と対になり、ドングリなど種実類の製粉など植物加工をはじめ、顔料や土器の材質となる石の粉砕などの用途が考えられている。

It is considered that they were used with a mill stone as a pair and were used for grinding acorns or various seeds to produce flour, or for grinding stones to get materials for pigment or earthenware.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

凹みは打撃を加えたものと回転摩擦痕跡によるものがあり、前者はクルミの殻割りや石器製作に使われたと考えられ、後者は火を起こすための火きり杵を上から押さえたものではないかと考えられている。

The hollow was the result of receiving a blow, or the one of rotary frictions; the former showed that the stones were used for breaking the walnut shell and manufacturing stone tools while the latter indicated that pestles for making a fire were pressed down on the stone.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

大陸との交易で武器をそろえてひそかに九州から遠征、大江山に砦を築き投石器で平安京を攻撃したが実際は黒幕の安倍晴明に使い捨ての駒として利用されていた。

He obtained the necessary weapons through trading with the continent, led his army from Kyushu to Honshu, built a fortress at Mt. Oe and attacked Heian-kyo with catapults, but in reality he was just being used as a pawn by the behind-the-scenes manipulator, Seimei ABE.  - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

<前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ>




テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   


  
本サービスで使用している「Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス」はWikipediaの日本語文を独立行政法人情報通信研究機構が英訳したものを、Creative Comons Attribution-Share-Alike License 3.0による利用許諾のもと使用しております。詳細はhttp://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/ および http://alaginrc.nict.go.jp/WikiCorpus/ をご覧下さい。

  
Copyright © Japan Patent office. All Rights Reserved.

  
この対訳コーパスは独立行政法人情報通信研究機構の集積したものであり、Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unportedでライセンスされています。

  
原題:”The Adventure of the Devil's Foot”

邦題:『悪魔の足』
This work has been released into the public domain by the copyright holder. This applies worldwide.

* 原文:「His Last Bow」所収「The Adventure of the Devil's Foot」
* 翻訳:枯葉<domasa@db3.so-net.ne.jp>
プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 最新版は
http://www01.u-page.so-net.ne.jp/db3/domasa/にあります。 Copyright (C)
Arthur Conan Doyle 1910, expired. Copyright (C) Kareha 2000-2001, waived.

©2014 Weblio RSS