英語メールテンプレート文例集

英語メールテンプレート文例集 - Weblio辞書 テンプレート
 


 

 

 

英語テンプレート文例とは

英語テンプレート文例は、ビジネスシーンなどで、英語でメールを書く必要がある場合、返信する必要がある場合などに活用できるテンプレート事例を集めたものです。英語メール, 結び, 挨拶, 件名, 宛名, 自己紹介, お礼, ビジネス, はじめまして, 署名, 返信など、様々なシーンに対応した豊富なテンプレート事例から、英語でのメールの書き方を参考にすることができます。メールの書き方だけでなく、ビジネス英語の学習にも最適な文例集です。

英語テンプレート文例の特長
  • ビジネスシーンごとに、メールの書き方を調べることができます。
  • 英文メールの豊富なテンプレート事例が参照できます。
  • メールの書き方を通じ、ビジネスシーンの英語表現が学習できます。
  • 簡単な挨拶のメールを外国の友人に送りたいとき
英語テンプレート文例は、こんなときに便利です
  • 英語でのメールの書き方がわからないとき
  • 英文メールで、語の選び方に迷ったとき
  • ビジネス英語の使い方を知りたいとき
  • 英語でのビジネスメールのフォーマットの策定に困ったとき
英語テンプレート文例

英語メールについて

英語テンプレート文例の活用方法
英語テンプレート文例は様々なシーンに対する英語メール文例を、シーン別に分けて日本語訳と共に記載しています。 日本とは異なる英文メールのフォーマットの確認に加え、書きたい英文メールのシーンにあわせて英文テンプレート文例を参照し、 使いたい挨拶や結びの表現をコピーする、またはメール全体の文の流れの参考にするなどして活用してください。
英文メールの利用シーン事例
英文メールの利用シーンの事例としては、海外の知人への折々の連絡などの気軽なものから、 ビジネスの場における海外の支社・クライアントとの会議や注文・納品の連絡などフォーマルな形式が求められる場合など、様々なものが考えられます。 ケース・シーンに合わせ、相手に良い印象を与えられるメール文を考えましょう。
日本語と英語でのメールのマナーの違い
英語でメールを作成する際、日本語メールでのマナーと比べて、いくつか注意すべき相違点があります。 英語でのメールは日本語でのメールに比べて会話に近い性質を持っているため、特にビジネスメールにおいては長い時候の挨拶などは避け、 要旨をはっきりと示した簡潔なものを心がける必要があります。 主なポイントとしては、本文は結論から先に書くこと、相手への依頼は具体的にすること、 必要な場合(顧客・上司に対する依頼のメールなど)を除いては、過度にフォーマルな表現は省略すること、が重要になります。
英文メールの基本的なフォーマット
英文メールの基本的なフォーマットは、宛名、短い挨拶、本文、結びの挨拶、結辞が基本的な構成となります。 日本語のメールと同様に、適宜空行・改行を挟むことで読みやすい見た目を心がけましょう。 ビジネスメールの場合は、結辞の後に会社住所なども含めた署名を入れます。実際の形は、英文テンプレート文例を参照してください。
英文メールの件名
メールの内容が件名を見ただけですぐに推測できる、簡潔かつ具体的な件名を意識してください。 例えば、会議の予定変更の通知メールであれば件名はSubject: Change in the venue and the time for Friday’s meeting  (題:金曜日の会議の場所と時間の変更)などとなります。 注文や請求に関するメールならば、請求や注文書の番号をOrder ~(注文), Invoice ~ (請求)などの形で含めて相手が検索で探しやすくすることも重要です。 相手の立場に立って考えましょう。
英文メールの宛名
宛名は、Dear Mr.(last name), Dear Miss/Ms./Mrs.(last name) が基本形となります。上司に対する場合でもこの形式を使用します。 名前がわからない場合は、Dear Marketing Director(マーケティング部長様)、の様に役職を記すことで対処します。 対外などのフォーマルなメールの場合は、Dear Sir/ Dear Madam (相手の性別不明の場合はDear Sir or Madamと一緒にして記す)、 複数人が相手のメールはLadies and Gentlemenとします。
英語のビジネスメールの書き出し
宛名を書き、一行空けてから書き出しを書きます。 返信が遅れてしまったなどの事情がない限り、日本語メールのような長い時候の挨拶は省き、短い挨拶にとどめましょう。 その後本文を書いていきますが、メール全体の要旨・結論を最初に書き、全体を簡潔に短くすることが大切です。
英語のメールの結び
要件に関する補足や謝辞(I look forward to hearing from youなど)を短く述べた後、結辞でメールを締めます。 英語のメールの結辞は相手と状況に合わせて使い分けます。アメリカ式のメールの場合、基本はSincerely, +名前となりますが、 フォーマルの場合は Truly yours,/Sincerely yours+名前、プライベートではBest regards, +名前、が主な形となります。 宛名と統一したものを選び、最初と最後でフォーマル度がちぐはぐにならないように気をつけましょう。
英語メールでよく使うフレーズ
英語メールでよく使うフレーズには、以下があります。
-Thank you for~ (~をありがとうございました)
-I'm sorry to~ (~してしまい、申し訳ございません)
-Regarding ~/Concerning~ (~に関してですが)
-Thank you for your consideration.(ご検討よろしくお願い致します)
-I look forward to hearing from you.(返信をお待ちしています)
英語テンプレート文例には、これ以外にも様々な表現が紹介されています。日本語訳を参照しつつ、役立ててください。

公式アプリ

書籍音声データダウンロード



©2016 Weblio RSS