小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > JMdict > アヤメ科の英語・英訳 

アヤメ科の英語

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加

英訳・英語 Iridaceae


JMdictでの「アヤメ科」の英訳

アヤメ科


「アヤメ科」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 17



例文

アヤメ科の、アヤメ科に関する、または、アヤメ科に特徴的な例文帳に追加

of or pertaining to or characteristic of plants of the family Iridaceae発音を聞く - 日本語WordNet

アヤメ科の球根植物例文帳に追加

any bulbous plant of the family Iridaceae発音を聞く - 日本語WordNet

アヤメ科の単子葉植物の属例文帳に追加

a monocotyledonous genus of the family Iridaceae発音を聞く - 日本語WordNet

燕子花という,アヤメ科の多年草例文帳に追加

a plant named a rabbit-ear iris発音を聞く - EDR日英対訳辞書

スパラキシスという,アヤメ科の植物例文帳に追加

a plant called Sparaxis monica発音を聞く - EDR日英対訳辞書

ヒオウギというアヤメ科の植物例文帳に追加

a plant of the iris family, called blackberry lily発音を聞く - EDR日英対訳辞書

例文

ヒガンバナとユリアヤメ科を含む単子葉植物植物の目例文帳に追加

an order of monocotyledonous plants including Amaryllidaceae and Liliaceae and Iridaceae発音を聞く - 日本語WordNet

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

JST科学技術用語日英対訳辞書での「アヤメ科」の英訳

アヤメ科


ライフサイエンス辞書での「アヤメ科」の英訳

アヤメ科


EDR日英対訳辞書での「アヤメ科」の英訳

アヤメ科

日英・英日専門用語辞書での「アヤメ科」の英訳

アヤメ科

クロスランゲージ 37分野専門語辞書での「アヤメ科」の英訳

アヤメ科

Weblio英和対訳辞書での「アヤメ科」の英訳

アヤメ科


アヤメ科

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblio例文辞書での「アヤメ科」に類似した例文

アヤメ科

Weblio例文辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

「アヤメ科」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 17



例文

ニワゼキショウというアヤメ科の植物例文帳に追加

a plant that belongs to the iris family, called blue-eyed grass発音を聞く - EDR日英対訳辞書

アヤメ科植物Eleutherine palmifolia鱗茎のメタノール抽出物を精製し、下記式(1)で示されるエレウテリノシドA。例文帳に追加

The eleutherinoside A is represented by formula (1) and obtained by purifying a methanol extract of a bulb of Eleutherine palmifolia of an Iridaceae plant. - 特許庁

該IFSやIFSをコードする遺伝子を用い、アヤメ科植物のIFSを単離し、このIFSをコードする遺伝子を同定する。例文帳に追加

The IFS or a gene encoding the IFS is used to isolate the IFS of an iridaceous plant, and a gene encoding the IFS is identified. - 特許庁

アヤメ科クロッカス属サフラン(Crocus sativus)から得られる抽出物又は精油を含有することを特徴とするヒアルロン酸産生促進剤及びアクアポリン合成促進剤、並びにアヤメ科クロッカス属サフラン(Crocus sativus)から得られる抽出物又は精油と、N−アセチルグルコサミンとを含有することを特徴とする皮膚外用剤組成物。例文帳に追加

The composition of the skin care preparation for external use comprises the extract or essential oil obtained from the extract or essential oil obtained from Crocus sativus of the genus Crocus of the family Iridaceae, and N-acetylglucosamine. - 特許庁

システインまたはシステイン誘導体と、アヤメ科植物ヒオウギから、水、低級アルコール、ポリオール系有機溶媒から選ばれる1種もしくは2種以上を用いて得られる抽出液を含有する化粧料組成物。例文帳に追加

The cosmetic composition includes cysteine or a cysteine derivative and an extract solution obtained by extracting Belamcanda chinensis De Candolle with at least one selected from water, a lower alcohol, and a polyol-based organic solvent. - 特許庁

アヤメ科クロッカス属サフラン(Crocus sativus)抽出物のグルコシダーゼ処理物を有効成分とするチロシナーゼ活性抑制剤及び美白用香粧品。例文帳に追加

There are provided the tyrosinase activity inhibitor and the cosmetic for whitening containing a substance obtained by treating an extract from Crocus sativus of the genus Crocus of the family Iridaceae with a glucosidase as an active ingredient. - 特許庁

向子宮性作用を持たない、エストロゲン型の器官選択性薬剤としての、アヤメ科及びシミシフガ・ラセモサ(Cimicifugaracemosa)の抽出物、並びにテクトリゲニンの使用例文帳に追加

UTILIZATION OF EXTRACTS FROM IRIS PLANTS, CIMICIFUGA RACEMOSA AND TECTORIGENIN AS AN ESTROGEN-LIKE ORGAN-SELECTIVE MEDICAMENT WITHOUT UTEROTROPIC EFFECTS - 特許庁

例文

アヤメ科フリージア属植物の球根の抽出物を含有する保湿剤、抗老化剤、抗酸化剤、美白剤、抗炎症剤、皮膚外用剤、及び機能性経口組成物。例文帳に追加

The humectant, the anti-aging agent, the antioxidant, the skin whitening agent, the antiinflammatory agent, the skin external preparation and the functional oral composition include an extract of a bulb of a plant belonging to the genus Freesia in the family Iridaceae. - 特許庁

>>例文の一覧を見る


アヤメ科のページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ライフサイエンス辞書プロジェクトライフサイエンス辞書プロジェクト
Copyright (C) 2022 ライフサイエンス辞書プロジェクト
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
独立行政法人情報通信研究機構独立行政法人情報通信研究機構
Copyright(C)2002-2022 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2022 CJKI. All Rights Reserved
株式会社クロスランゲージ株式会社クロスランゲージ
Copyright © 2022 Cross Language Inc. All Right Reserved.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2022 GRAS Group, Inc.RSS