小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

春香の英語

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加

日英固有名詞辞典での「春香」の英訳

春香

日本人名前
読み方英語式ヘボン式訓令式ワープロ式
はるこHarukoHarukoHarukoHaruko
のどかNodokaNodokaNodokaNodoka
はるかHarukaHarukaHarukaHaruka
しゅんかShunkaShunkaSyunkaSyunka
しゅんこうShunkoShunkōSyunkôSyunkou

「春香」を含む例文一覧

該当件数 : 9



例文

法号は春香院。例文帳に追加

Her Buddhist name was Shunmoji.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

春香院はまつ(芳春院)34歳の末子でもあり、子供のうちで最もかわいがられたようで、春香院(おちよ:忠隆妻など、かもじ:村井妻、しゅんもじ:春香院)宛の芳春院自筆状が金沢市の加越能文庫や前田土佐守家資料館などに多く現存する。例文帳に追加

Shunmoji was the youngest child of Matsu (Hoshunin) born at the age of thirty-four and the most beloved among the siblings, and quite a few notes by Hoshunin in her own handwriting addressed to Shunmoji (Ochiyo: wife of Tadataka, etc., Kamoji: wife of Murai, Shunmoji) exist in the Kaetsuno Bunko (Kaetsuno collection) and Maeda Tosanokamike Shiryokan (Museum of the Maeda family, governor of Tosa Province) in Kanazawa City.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

再嫁後の春香院と村井長次との間に実子はなかったものの、養子長光(実は織田長孝の子で、織田有楽斎の孫にあたる)をとり、1613年に長次が死去したあとは、落飾して村井家で春香院となり、穏やかな後半生を過ごした。例文帳に追加

After remarrying, Shunmoji did not have a biological child with Nagatsugu MURAI, but adopted Nagamitsu (who was in fact, the child of Nagataka ODA, and the grandchild of Urakusai ODA), and after the death of Nagatsugu in 1613, she took the tonsure and entered the priesthood, and had a peaceful life in the Murai family under the Buddhist name Shunmoji for the latter half of her life.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

春香院(しゅんもじ、天正8年5月7日(旧暦)(1580年6月18日)-寛永18年11月20日(旧暦)(1641年12月22日))は、前田利家と芳春院夫妻の六女で前田利長の実妹。例文帳に追加

Shunmoji (June 18, 1580 - December 22, 1641) was the sixth daughter of Toshiie MAEDA and Hoshunin, and the biological younger sister of Toshinaga MAEDA.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

また、村井家石高は16,500石余で経済的にも恵まれており、春香院は村井長次死後に能登領熊甲神社の再建などもしている(岩沢愿彦著『前田利家』など)。例文帳に追加

The Murai family was financially well off, with a kokudaka (assessed yield) of around 16,500 koku, and Shunmoji worked on the reconstruction of the Kumakabuto-jinja Shrine in the Noto territory after the death of Nagatsugu MURAI (according to "Toshiie MAEDA" by Yoshihiko IWASAWA etc.).発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

春香院の再嫁は1605年とされる(『前田氏戦記集』中の「村井家伝」)が、実際に加賀の村井家に入った時期は1611年頃であった可能性が高い。例文帳に追加

It is believed that Shunmoji remarried in 1605 ('Records of the Murai family' in the "Maedashi senkishu" - War records of the Maeda clan), but it is likely that the actual time that she joined the Murai family in Kaga was around 1611.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

すなわち、春香院は細川家からは離縁されても、1611年までは忠隆(細川家を1604年廃嫡された後は長岡休無と称す)とは別れていなかったのである。例文帳に追加

In other words, in spite of being divorced from the Hosokawa family, Shunmoji did not separate from Tadataka (who was called Kyumu NAGAOKA, after being disinherited from the Hosokawa family in 1604) until 1611.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

JMnedictでの「春香」の英訳

春香

JMnedictは、日本語の一般的な固有名詞の分類とそれを英語で表記した内容を中心に扱っています。
同じ日本語に複数の英語表記が表示される項目もあります。

「春香」を含む例文一覧

該当件数 : 9



例文

春香院は、1597年に細川忠興の嫡男細川忠隆と結婚するが、「故あって(義母細川ガラシャとともに自害しなかったことを指す)、慶長五年(1600年)に細川家から離縁。」(細川家記綿考輯録より)され、のち前田加賀八家のひとつでまつ(芳春院)の信頼が深い村井長頼の子村井長次に再嫁した(時期には異説がある。再婚時期の謎。)。例文帳に追加

Shunmoji married Tadataka HOSOKAWA, the legitimate son of Tadaoki HOSOKAWA, in 1597, but was 'divorced from the Hosokawa family in 1600 for a certain reason (which was she did not commit suicide with the mother-in-law, Garasha HOSOKAWA)' (according to "Hosokawakeki menkoshuroku" (Records of the Hosokawa family)), and later remarried Nagatsugu MURAI, the son of Nagayori MURAI, who was from one of the eight Maeda Kaga families, and deeply trusted by Matsu (Hoshunin) (There are different theories on the timing: see 'Mystery about the timing of remarriage').発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

1600年に細川氏から離縁された後も、金沢に帰るまでは春香院は廃嫡された忠隆に付き添って京都で暮らしており、夭折した男子熊千代のほかに、徳姫(のちに左大臣西園寺実晴御台所)、吉姫、福姫(のちに京都公家・久世家初代の久世通式室)、萬姫(夭折)を生んだ。例文帳に追加

After being divorced from the Hosokawa clan in 1600, Shunmoji lived together with disinherited Tadataka in Kyoto, and gave birth to a boy Kumachiyo, who died young, as well as Tokuhime (later, a wife of the minister of the left Saneharu SAIONJI), Yoshihime, Fukuhime (later, a wife of Michinori KUZE, the first generation of the Kuze family, a court noble in Kyoto), and Marihime (died young).発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


春香のページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2021 CJKI. All Rights Reserved
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2021 GRAS Group, Inc.RSS