小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > 訂正の特例の英語・英訳 

訂正の特例の英語

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な英訳Special provisions concerning correction

Weblio英和対訳辞書での「訂正の特例」の英訳

訂正の特例

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


「訂正の特例」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 4



例文

訂正の特例例文帳に追加

Special provisions concerning correction発音を聞く - 日本法令外国語訳データベースシステム

訂正決定等の期限の特例例文帳に追加

Exception to the Due Date for Correction Decisions, etc.発音を聞く - 日本法令外国語訳データベースシステム

2 開示決定等、訂正決定等又は利用停止決定等についての審査請求については、政令で定めるところにより、行政不服審査法第五条第二項の規定の特例を設けることができる。例文帳に追加

(2) With regard to the application for examination of a Disclosure Decision, etc., Correction Decision, etc. or Use Suspension Decision, etc., the special provisions prescribed in Article 5, paragraph 2 of the Administrative Appeal Act may be established pursuant to the provision of a Cabinet Order.発音を聞く - 日本法令外国語訳データベースシステム

例文

三 この法律、会社法若しくは一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成十八年法律第四十八号)の規定に違反し、又は金融商品取引法第百九十七条(有価証券届出書虚偽記載等の罪)、第百九十七条の二第一号から第十号まで若しくは第十三号(有価証券の無届募集等の罪)、第百九十八条第八号(裁判所の禁止又は停止命令違反の罪)、第百九十九条(報告拒絶等の罪)、第二百条第一号から第十二号まで、第二十号若しくは第二十一号(訂正届出書の不提出等の罪)、第二百三条第三項(金融商品取引業者等の役職員に対する贈賄罪)若しくは第二百五条第一号から第六号まで、第十九号若しくは第二十号(特定募集等の通知書の不提出等の罪)の罪、金融機関等の更生手続の特例等に関する法律(平成八年法律第九十五号)第五百四十九条(詐欺更生罪)、第五百五十条(特定の債権者等に対する担保の供与等の罪)、第五百五十二条から第五百五十五条まで(報告及び検査の拒絶等の罪、業務及び財産の状況に関する物件の隠滅等の罪、管財人等に対する職務妨害の罪)若しくは第五百五十七条(贈賄罪)の罪、民事再生法(平成十一年法律第二百二十五号)第二百五十五条(詐欺再生罪)、第二百五十六条(特定の債権者に対する担保の供与等の罪)、第二百五十八条から第二百六十条まで(報告及び検査の拒絶等の罪、業務及び財産の状況に関する物件の隠滅等の罪、監督委員等に対する職務妨害の罪)若しくは第二百六十二条(贈賄罪)の罪、外国倒産処理手続の承認援助に関する法律(平成十二年法律第百二十九号)第六十五条(報告及び検査の拒絶等の罪)、第六十六条(承認管財人等に対する職務妨害の罪)、第六十八条(贈賄罪)若しくは第六十九条(財産の無許可処分及び国外への持出しの罪)の罪若しくは破産法(平成十六年法律第七十五号)第二百六十五条(詐欺破産罪)、第二百六十六条(特定の債権者に対する担保の供与等の罪)、第二百六十八条から第二百七十二条まで(説明及び検査の拒絶等の罪、重要財産開示拒絶等の罪、業務及び財産の状況に関する物件の隠滅等の罪、審尋における説明拒絶等の罪、破産管財人等に対する職務妨害の罪)若しくは第二百七十四条(贈賄罪)の罪を犯し、刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなった日から二年を経過しない者例文帳に追加

(iii) A person who has been sentenced to a penalty for having violated the provisions of this Act, the Companies Act or the Act on General Incorporated Association and General Incorporated Foundation (Act No. 48 of 2006), or for having committed: a crime under Article 197 (Crime of False Statement in Securities Registration Report, etc.), Article 197-2, items (i) to (x) inclusive or (xiii) (Crime of Solicitation of Securities by Unregistered Agents. etc.), Article 198, item (viii) (Crime of Violating Prohibition Order or Order for Suspension by Court), Article 199 (Crime of Refusal of Reporting, etc.), Article 200, items (i) to (xii) inclusive or item (xxi) (Crime of Non-Submission of Correction Report, etc.), Article 203, paragraph (3) (Bribery of Officer or Staff of Financial Instruments Business Operators, etc.) or Article 205, items (i) to (vi) inclusive, item (xvi) or (xx) (Crime of Non-Submission of Written Notice, etc. on Specified Solicitation, etc.) of the Financial Instruments and Exchange Act; a crime under Article 549 (Crime of Fraudulent Reorganization), Article 550 (Crime of Giving Security, etc. to Specific Creditor, etc.), Article 552 to 555 inclusive (Crime of Refusal to Report or Undergo Investigation, etc., Crime of Destruction of Materials Regarding Conditions of Business and Property, etc., Crime of Obstruction of Duties Against Trustee in Bankruptcy, etc.) or Article 557 (Bribery) of the Act on Special Measures, etc. concerning Reorganization Proceedings for Financial Institutions, etc. (Act No. 95 of 1996); a crime under Article 255 (Crime of Fraudulent Rehabilitation), Article 256 (Crime of Giving Security to Specific Creditor, etc.), Article 258 to 260 inclusive (Crime of Refusal to Report or Undergo Investigation, etc., Crime of Destruction of Materials Regarding Conditions of Business and Property, etc., Crime of Obstruction of Duties Against Supervising Commissioner, etc.) or Article 262 (Bribery) of the Civil Rehabilitation Act (Act No. 225 of 1999); a crime under Article 65 (Crime of Refusal of Reporting or Investigation, etc.), Article 66 (Crime of Obstruction of Duties Against Recognition Trustee, etc.), Article 68 (Bribery) or Article 69 (Crime of Disposition or Export of Property without Permission) of the Act on Recognition and Assistance for Foreign Insolvency Procedures (Act No. 129 of 2000); a crime under Article 265 (Crime of Fraudulent Bankruptcy), Article 266 (Crime of Giving Security to Specific Creditor, etc.), Article 268 to 272 inclusive (Crime of Refusal of Explanation or Investigation, etc., Crime of Refusing to Disclose Important Property, etc., Crime of Destruction of Materials Regarding Conditions of Business and Property, etc., Crime of Refusal of Explanation in Hearing, etc., Crime of Obstruction of Duties Against Bankruptcy Trustee, etc.), or Article 274 (Bribery) of the Bankruptcy Act (Act No. 75 of 2004), for whom two years have not elapsed since the day on which the execution of the sentence was completed or the sentence ceased to be applied; or発音を聞く - 日本法令外国語訳データベースシステム

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから
「訂正の特例」の英訳に関連した単語・英語表現


訂正の特例のページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2020 Weblio RSS