小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英語表現辞典 > A battle of the mindの意味・解説 

A battle of the mindとは

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味頭脳戦

Weblio英語表現辞典での「A battle of the mind」の意味

A battle of the mind

訳語 頭脳戦



「A battle of the mind」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 5



例文

A player keeps this pass word in mind: when the details of the password eventually kept in memory are inputted on the next occasion of restarting the business of the pachinko game parlor, the performance mode is altered to the battle mode 2 from the initial battle mode 1, thereby securing the implementation of the games in the battle mode 2.例文帳に追加

このパスワードを遊技者が記憶しておき、パチンコホールの営業が次に再開されたときにパスワードの記憶結果を入力したときには演出モードが初期の格闘モード1から格闘モード2に変更されるので、格闘モード2で確実に遊技を行うことができる。 - 特許庁

It is said that after the death of his father, Masashige, in the Battle of Minato-gawa River in 1336, when his severed head reached him, he was so shocked in spite of his previous preparation of mind as to enter into Butsuma (a room for Buddha staue) and tried to kill himself with a short sword named 'Kikusui' which was a remembrance of his father, but changed his mind by his real mother's admonishment.発音を聞く例文帳に追加

延元元年/建武(日本)3年(1336年)の湊川の戦いで父の正成が戦死した後、覚悟していたこととはいえ、父・正成の首級が届き、衝撃のあまり仏間に入り父の形見の菊水の短刀で自刃しようとしたが、生母に諭され改心したという。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Due to strenuous efforts of Nobushige SANADA and of Katsunaga MORI as well as inattention and bad cooperation among big forces, the Tokugawa forces met such a dangerous situation for a while that the Uma-jirushi (massive flags used in Japan to identify a daimyo or equally important military commander on the field of battle) of Ieyasu TOKUGAWA fell and Ieyasu himself made his mind to kill himself.発音を聞く例文帳に追加

徳川軍は大軍ゆえの油断や連携の拙さ、真田信繁や毛利勝永らの奮闘もあって、一時は徳川家康の馬印が倒れ、家康自身も自決を覚悟するほどの危機にも見舞われた。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Although it is not clear since when Mitsuhide made his mind to rebel, there is a view that he made his mind to rebel at the time of the party for renga (linked-verse) in the Atago-gongen Shrine before going to battle from the Kameyama-jo Castle by understanding the first line made by Mitsuhide, 'Tokihaima amegashitashiru satsukikana' (The time is now in May which everybody knows), as 'toki' means Mitsuhide himself, who belonged to the Toki clan which descended from the Minamoto clan and 'amegashitashiru' as 'to govern the area under the heaven,' namely governing the whole country.発音を聞く例文帳に追加

光秀がいつ頃から謀反を決意していたかは明らかではないが、亀山城出陣を前にして、愛宕権現での連歌の会で光秀が詠んだ発句、「時は今 天が下知る 五月哉」は、「時(とき)」は源氏の流れをくむ土岐氏の一族である光秀自身を示し、「天が下知る」は、「天(あめ)が下(した)治る(しる)」、すなわち天下を治めることを暗示していると解し、この時点で謀反の決意を固めていたのだとする説もある。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

He lived his days in faith and never took part in the family dispute in the Kamakura bakufu, which had been continuing from Tokiuji HOJO to Tokiyori HOJO; but when Yasumura MIURA, who was a son of Yoshimura MIURA the old friend of Tomomitsu, and all his clans were ruined at the Battle of Hoji in 1247, Tomomitsu came up all the way to Kamakura despite his old age from Shimofusa (his land), met Regent Tokiyori and spoke out his mind in tears as, 'If I had been in Kamakura as a council, I would never have let Yasumura meet the shame of a punitive death,' and for the sobbing old man Tokiyori was said to have showed deep sympathy.発音を聞く例文帳に追加

信仰に生きる日々を送り、北条時氏から北条時頼へ続く鎌倉幕府の内紛に関与する事はなかったが、宝治元年(1247年)の宝治合戦で知己の仲であった三浦義村の子三浦泰村の一族が滅亡した際には、老齢の身を押して下総から鎌倉に上り、執権時頼に面会して「自分がいれば泰村を誅罰の恥に会わせなかったものを」と涙し、時頼は古老の涙を愛しんだという。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから


A battle of the mindのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2019 Weblio RSS