小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > Heiji Rebellionの意味・解説 

Heiji Rebellionとは意味・読み方・使い方

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加

意味・対訳 平治の乱(へいじのらん)は、平安時代末期の平治元年12月9日(1160年1月19日)、院近臣らの対立により発生した政変である。


Weblio英和対訳辞書での「Heiji Rebellion」の意味

Heiji rebellion

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

「Heiji Rebellion」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 34



例文

Literary works on the Heiji Rebellion発音を聞く例文帳に追加

文学作品 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

He fought well in the Heiji Rebellion.発音を聞く例文帳に追加

平治の乱で活躍。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

He was wounded in the Heiji Rebellion and committed suicide.発音を聞く例文帳に追加

平治の乱で傷つき、自害。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

He did not participate in the Hogen Rebellion or in the Heiji Rebellion.発音を聞く例文帳に追加

保元の乱、平治の乱には不参加。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

The "Heiji monogatari" is a literary work that takes the Heiji Rebellion as its topic.発音を聞く例文帳に追加

平治の乱を題材にした文学に『平治物語』がある。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

This kind of phenomenon was also found during the Heiji Rebellion.発音を聞く例文帳に追加

この現象は、平治の乱に既に見られる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

He participated in the Heiji Rebellion and fought alongside Yoshitomo's army.発音を聞く例文帳に追加

平治の乱で兄義朝軍に参加。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

ウィキペディア英語版での「Heiji Rebellion」の意味

Heiji Rebellion

出典:『Wikipedia』 (2010/12/31 17:14 UTC 版)

英語による解説
ウィキペディア英語版からの引用

「Heiji Rebellion」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 34



例文

After being defeated in the Heiji Rebellion, he bided his time in Kishu Kumano.発音を聞く例文帳に追加

平治の乱の敗戦後は紀州熊野に雌伏。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Tomonaga's life prior to the Heiji no Ran (Heiji Rebellion) has been validated by records of his official roles.発音を聞く例文帳に追加

平治の乱以前の朝長の生涯においては、任官の記録が確認されている。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Both the Hogen no ran (Hogen Rebellion) and Heiji no ran (Heiji Rebellion) were historical events that indicated that political conflict can be solved by military force.発音を聞く例文帳に追加

保元・平治両乱は政治抗争が武力で解決されることを示した歴史的な事件だった。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

During the escape just after the Heiji Rebellion, he protected Yoshitomo with his own body and died from the arrows fired.発音を聞く例文帳に追加

平治の乱後の逃避行中、義朝を庇って矢を受け死去。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

He was the ally of his older brother MINAMOTO no Yoshitomo during the Heiji Rebellion in 1159.発音を聞く例文帳に追加

平治元年(1159年)平治の乱では兄・源義朝に味方して従軍。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Her father was the ruler of Izu Province and was given responsibility for MINAMOTO no Yoritomo, who had been exiled to Izu after being defeated in the Heiji Rebellion (Heiji no Ran).発音を聞く例文帳に追加

伊豆の在庁官人であった父時政は、平治の乱で敗れ伊豆に流されていた源頼朝の監視役であった。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

In his absence, MINAMOTO no Yoshitomo, MINAMOTO no Mitsuyasu, and MINAMOTO no Yorimasa were drawn into a trap by Nobuyori who had raised an army in Kyoto and then captured and beheaded Shinzei. (Heiji no Ran (Heiji Rebellion))発音を聞く例文帳に追加

留守に信頼は源義朝、源光保、源頼政を誘引しては京で挙兵、信西を捕らえて斬首する(平治の乱)。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

The backlash generated by the political initiatives Shinzei and his family were launching is considered to be the biggest cause of the outbreak of the Heiji Rebellion.発音を聞く例文帳に追加

信西一門の政治主導に対する反発が、平治の乱勃発の最大の原因と思われる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


Heiji Rebellionのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wikipedia英語版」の記事は、WikipediaのHeiji Rebellion (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2022 GRAS Group, Inc.RSS