小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > L'enfance du Christの意味・解説 

L'enfance du Christとは


発音を聞くプレーヤー再生
ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味『キリストの幼時』(L'enfance du Christ)作品25は、エクトール・ベルリオーズが作曲した3部からなる声楽作品。

Weblio英和対訳辞書での「L'enfance du Christ」の意味

L'enfance du Christ

キリストの幼時
キリストの幼時』(L'enfance du Christ)作品25は、エクトール・ベルリオーズが作曲した3部からなる声楽作品
Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ウィキペディア英語版での「L'enfance du Christ」の意味

L'enfance du Christ

出典:『Wikipedia』 (2011/02/28 10:49 UTC 版)

英語による解説
ウィキペディア英語版からの引用
引用
L'enfance du Christ (English: The Childhood of Christ), Opus 25, is a choral work by the French composer Hector Berlioz, based on the story of the Holy Family's flight into Egypt. Berlioz wrote his own words for the piece. Most of it was composed in 1853 and 1854, but it also incorporates an earlier work La fuite en Egypte (1850). It was first performed at the Salle Herz, Paris on 10 December 1855, with Berlioz conducting and soloists from the Opéra-Comique: Jourdan (citant), Depassio (Hérode), the couple Meillet (Marie and Joseph) and Bataille (Le père de famille).
「L'enfance du Christ」の意味に関連した用語


L'enfance du Christのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wikipedia英語版」の記事は、WikipediaのL'enfance du Christ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2019 Weblio RSS