小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > Request for laying open of a patent applicationの意味・解説 

Request for laying open of a patent applicationとは
意味・読み方・使い方

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味出願公開の請求

Weblio英和対訳辞書での「Request for laying open of a patent application」の意味

Request for laying open of a patent application

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


「Request for laying open of a patent application」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 9



例文

Request for laying open of a patent application発音を聞く例文帳に追加

出願公開の請求 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(2) A request for the laying open of a patent application may not be withdrawn.発音を聞く例文帳に追加

2 出願公開の請求は、取り下げることができない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

Article 48-5 (1) Where a request for the examination of an application is filed, in the case where such request is filed prior to the laying open of the application, the Commissioner of the Patent Office shall publish the fact thereof in the patent gazette either at the time of laying open of the application or thereafter without delay, and in the case where such a request is filed after laying open of the application, without delay after laying open.発音を聞く例文帳に追加

第四十八条の五 特許庁長官は、出願公開前に出願審査の請求があつたときは出願公開の際又はその後遅滞なく、出願公開後に出願審査の請求があつたときはその後遅滞なく、その旨を特許公報に掲載しなければならない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

Article 64 (1) After a lapse of one year and six months from the date of the filing of a patent application, the Commissioner of the Patent Office shall lay open the patent application, except in the case where gazette containing the patent has already been published. The same shall apply where a request for the laying open of the patent application under paragraph (1) of the following Article is filed.発音を聞く例文帳に追加

第六十四条 特許庁長官は、特許出願の日から一年六月を経過したときは、特許掲載公報の発行をしたものを除き、その特許出願について出願公開をしなければならない。次条第一項に規定する出願公開の請求があつたときも、同様とする。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

Article 64-2 (1) An applicant for a patent may file a request for the laying open of the patent application with the Commissioner of the Patent Office except in the following cases:発音を聞く例文帳に追加

第六十四条の二 特許出願人は、次に掲げる場合を除き、特許庁長官に、その特許出願について出願公開の請求をすることができる。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

Article 64-3 An applicant filing a request for the laying open of a patent application shall submit a written request to the Commissioner of the Patent Office stating the following:発音を聞く例文帳に追加

第六十四条の三 出願公開の請求をしようとする特許出願人は、次に掲げる事項を記載した請求書を特許庁長官に提出しなければならない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

例文

Article 14 Where two or more persons are jointly undertaking a procedure, each of them shall represent the other or others with respect to procedures other than the conversion, waiver and withdrawal of a patent application, the withdrawal of an application for registration of extension of the duration of a patent right, the withdrawal of a request, application, or motion, the making and withdrawal of a priority claim under Article 41(1), the request for laying open of an application, and the request for a trial against an examiner's decision of refusal; provided, however, that this shall not apply where the said persons have appointed a representative for both/all of them and have notified the Patent Office accordingly.発音を聞く例文帳に追加

第十四条 二人以上が共同して手続をしたときは、特許出願の変更、放棄及び取下げ、特許権の存続期間の延長登録の出願の取下げ、請求、申請又は申立ての取下げ、第四十一条第一項の優先権の主張及びその取下げ、出願公開の請求並びに拒絶査定不服審判の請求以外の手続については、各人が全員を代表するものとする。ただし、代表者を定めて特許庁に届け出たときは、この限りでない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

「Request for laying open of a patent application」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 9



例文

Article 9 An agent of a person domiciled or resident in Japan (or, in the case of a juridical person, with a business office) and who is undertaking a procedure shall not, unless expressly so empowered, convert, waive or withdraw a patent application, withdraw an application for registration of extension of the duration of a patent right, withdraw a request, application or motion, make or withdraw a priority claim under Article 41(1), file a patent application based on a registration of a utility model in accordance with Article 46-2(1), file a request for laying open of an application, file a request for a trial against an examiner's decision of refusal, waive a patent right or appoint a subagent.発音を聞く例文帳に追加

第九条 日本国内に住所又は居所(法人にあつては、営業所)を有する者であつて手続をするものの委任による代理人は、特別の授権を得なければ、特許出願の変更、放棄若しくは取下げ、特許権の存続期間の延長登録の出願の取下げ、請求、申請若しくは申立ての取下げ、第四十一条第一項の優先権の主張若しくはその取下げ、第四十六条の二第一項の規定による実用新案登録に基づく特許出願、出願公開の請求、拒絶査定不服審判の請求、特許権の放棄又は復代理人の選任をすることができない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

例文

Article 17-3 An applicant for a patent may amend the abstract attached to the application within one year and three months (excluding the period after a request for laying open of application is filed) from the filing date of the patent application (or in the case of a patent application containing a priority claim under Article 41(1), the filing date of the earlier application provided for in the said paragraph, in the case of a patent application containing a priority claim under Article 43(1), 43-2(1) or 43-2(2), the filing date of the earliest application, a patent application that is deemed to be the earliest application under Article 4.C(4) of the Paris Convention (refers to the Paris Convention for the Protection of Industrial Property of March 20, 1883, as revised at Brussels on December 14, 1900, at Washington on June 2, 1911, at Hague on November 6, 1925, at London on June 2, 1934, at Lisbon on October 31, 1958, and at Stockholm on July 14, 1967, the same shall apply hereinafter) or a patent application that is recognized as the earliest application under Article 4.A(2) of the Paris Convention, and in the case of a patent application containing two or more priority claims under Article 41(1), 43(1), 43-2(1) or 43-2(2), the earliest day of the filing dates on which the said priority claims are based, the same shall apply to the main clause of Article 36-2(2) and Article 64(1)).発音を聞く例文帳に追加

第十七条の三 特許出願人は、特許出願の日(第四十一条第一項の規定による優先権の主張を伴う特許出願にあつては、同項に規定する先の出願の日、第四十三条第一項又は第四十三条の二第一項若しくは第二項の規定による優先権の主張を伴う特許出願にあつては、最初の出願若しくはパリ条約(千九百年十二月十四日にブラッセルで、千九百十一年六月二日にワシントンで、千九百二十五年十一月六日にヘーグで、千九百三十四年六月二日にロンドンで、千九百五十八年十月三十一日にリスボンで及び千九百六十七年七月十四日にストックホルムで改正された工業所有権の保護に関する千八百八十三年三月二十日のパリ条約をいう。以下同じ。)第四条C(4)の規定により最初の出願とみなされた出願又は同条A(2)の規定により最初の出願と認められた出願の日、第四十一条第一項、第四十三条第一項又は第四十三条の二第一項若しくは第二項の規定による二以上の優先権の主張を伴う特許出願にあつては、当該優先権の主張の基礎とした出願の日のうち最先の日。第三十六条の二第二項本文及び第六十四条第一項において同じ。)から一年三月以内(出願公開の請求があつた後を除く。)に限り、願書に添付した要約書について補正をすることができる。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

>>例文の一覧を見る



Request for laying open of a patent applicationのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2020 Weblio RSS