小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和専門語辞典 > The Taming of the Shrewの意味・解説 

The Taming of the Shrewとは
意味・読み方・使い方


発音を聞くプレーヤー再生
ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味『じゃじゃ馬馴らし』(じゃじゃうまならし、原題・英語: The Taming of the Shrew)は、1929年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。、『じゃじゃ馬ならし』(じゃじゃうまならし、英原題:The Taming of the Shrew、伊原題:La Bisbetica domata)は、1967年のアメリカ・イタリアのロマンティック・コメディ映画。、『じゃじゃ馬ならし』(英原題:The Taming of the Shrew)は、ウィリアム・シェイクスピアによる喜劇。

クロスランゲージ 37分野専門語辞書での「The Taming of the Shrew」の意味

The Taming of the Shrew



Weblio英和対訳辞書での「The Taming of the Shrew」の意味

The Taming of the Shrew

じゃじゃ馬ならし
じゃじゃ馬ならし』(原題:The Taming of the Shrew)は、ウィリアム・シェイクスピアによる喜劇

The Taming of the Shrew (1929 film)


The Taming of the Shrew (1967 film)

じゃじゃ馬ならし (1967年の映画)
じゃじゃ馬ならし』(じゃじゃうまならし原題:The Taming of the Shrew、原題La Bisbetica domata)は、1967のアメリカ・イタリアのロマンティック・コメディ映画
Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

The Taming of the Shrewのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社クロスランゲージ株式会社クロスランゲージ
Copyright © 2021 Cross Language Inc. All Right Reserved.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2021 GRAS Group, Inc.RSS