小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 法令用語日英標準対訳辞書 > claim which may arise in the futureの意味・解説 

claim which may arise in the futureとは
意味・読み方・使い方


発音を聞くプレーヤー再生
ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味将来の請求権

法令用語日英標準対訳辞書での「claim which may arise in the future」の意味

claim which may arise in the future



「claim which may arise in the future」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 8



例文

(iv) A bankruptcy claim that is a claim subject to a condition precedent or claim which may arise in the future発音を聞く例文帳に追加

四 停止条件付債権又は将来の請求権である破産債権 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(f) Claim which may arise in the future and be enforced against the rehabilitation debtor発音を聞く例文帳に追加

ヘ 再生債務者に対して行うことがある将来の請求権 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(4) Even if a bankruptcy claim, at the time of commencement of bankruptcy proceedings, is a claim with condition or claim which may arise in the future, the bankruptcy creditor may participate in the bankruptcy proceedings by reason of such bankruptcy claim.発音を聞く例文帳に追加

4 破産債権が破産手続開始の時において条件付債権又は将来の請求権であるときでも、当該破産債権者は、その破産債権をもって破産手続に参加することができる。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(2) Any claim which may arise in the future and be enforced by the bankrupt based on a cause that has occurred prior to the commencement of bankruptcy proceedings shall belong to the bankruptcy estate.発音を聞く例文帳に追加

2 破産者が破産手続開始前に生じた原因に基づいて行うことがある将来の請求権は、破産財団に属する。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(2) In order to participate in the procedure for a final distribution with regard to a bankruptcy claim that is a claim subject to a condition precedent or claim which may arise in the future, said bankruptcy claim shall be required to become enforceable within the period prescribed in the preceding paragraph (hereinafter referred to as the "period of exclusion concerning a final distribution" in this Section and Section 5).発音を聞く例文帳に追加

2 停止条件付債権又は将来の請求権である破産債権について最後配当の手続に参加するには、前項に規定する期間(以下この節及び第五節において「最後配当に関する除斥期間」という。)内にこれを行使することができるに至っていなければならない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(i) A holder of filed bankruptcy claim who holds a bankruptcy claim the amount of which is determined pursuant to the provisions of Subsection 4 of the preceding Section (excluding a holder of a right of separate satisfaction, holder of a quasi-right of separate satisfaction or person who holds a bankruptcy claim that is a claim subject to a condition precedent or a claim which may arise in the future (referred to as a "holder of a right of separate satisfaction, etc." in the following paragraph and paragraph (1)(i) of the following Article)): The amount of the bankruptcy claim thus determined発音を聞く例文帳に追加

一 前節第四款の規定によりその額が確定した破産債権を有する届出をした破産債権者(別除権者、準別除権者又は停止条件付債権若しくは将来の請求権である破産債権を有する者(次項及び次条第一項第一号において「別除権者等」という。)を除く。) 確定した破産債権の額 - 日本法令外国語訳データベースシステム

例文

Article 70 Where a person who holds a claim subject to a condition precedent or a claim which may arise in the future pays his/her debt to the bankrupt, the person, in order to effect a set-off later, may request a contractual deposit of the amount of payment up to the amount of his/her claim. The same shall apply where a person who holds a claim to refund the security deposit pays his/her rent debt.発音を聞く例文帳に追加

第七十条 停止条件付債権又は将来の請求権を有する者は、破産者に対する債務を弁済する場合には、後に相殺をするため、その債権額の限度において弁済額の寄託を請求することができる。敷金の返還請求権を有する者が破産者に対する賃料債務を弁済する場合も、同様とする。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

「claim which may arise in the future」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 8



例文

(2) Even when a claim held by a bankruptcy creditor is subject to a due date or condition subsequent at the time of commencement of bankruptcy proceedings or it falls within the category of claims listed in Article 103(2)(i), this shall not preclude the bankruptcy creditor from effecting a set-off pursuant to the provision of the preceding paragraph. The same shall apply when a debt owed by a bankruptcy creditor is subject to a due date or condition or it relates to a claim which may arise in the future.発音を聞く例文帳に追加

2 破産債権者の有する債権が破産手続開始の時において期限付若しくは解除条件付であるとき、又は第百三条第二項第一号に掲げるものであるときでも、破産債権者が前項の規定により相殺をすることを妨げない。破産債権者の負担する債務が期限付若しくは条件付であるとき、又は将来の請求権に関するものであるときも、同様とする。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

>>例文の一覧を見る



claim which may arise in the futureのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本法令外国語訳データベースシステム日本法令外国語訳データベースシステム
※この記事は「日本法令外国語訳データベースシステム」の2010年1月現在の情報を転載しております。

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2020 Weblio RSS