小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 日本語WordNet > reconnaissance in forceの意味・解説 

reconnaissance in forceとは

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味威力偵察

日本語WordNet(英和)での「reconnaissance in force」の意味

reconnaissance in force



「reconnaissance in force」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 7



例文

a reconnaissance in force例文帳に追加

強行偵察 - 斎藤和英大辞典

Kiyomasa KATO and his troops invaded Orangkai in Ming's territory surpassing the border for the purpose of reconnaissance in force.例文帳に追加

加藤清正の一隊は威力偵察のため国境を越えて明領・オランカイ(兀良哈)へ攻め入った。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

It is called, in a military term, 'reconnaissance in force,' which is one of the very basic tactics.例文帳に追加

これは、軍事的に言えば「威力偵察」と呼ばれているものであり、ごく基本的な戦術のひとつである。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る

日英・英日専門用語辞書での「reconnaissance in force」の意味

reconnaissance in force

クロスランゲージ 37分野専門語辞書での「reconnaissance in force」の意味

reconnaissance in force

斎藤和英大辞典での「reconnaissance in force」の意味

reconnaissance in force

「reconnaissance in force」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 7



例文

There is a theory that Bunei no Eki would not have been an invasion, but rather a reconnaissance in force.例文帳に追加

なお、文永の役は侵攻というより、威力偵察ではないのかとの説もある。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Supporting evidence of the Yuan's purpose having been reconnaissance in force is a record in the Yuan Dynasty stating that the Yuan navy then had not prepared for a long battle so that it used all their arrows within one day and left.例文帳に追加

威力偵察目的であったと言う傍証として、時の元の水軍には長期戦略に対する装備の用意はなく、そのため一日で矢を撃ち尽くして去っていったという、元側の記録が残っている。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

However, as explained later, there is an opinion that the purpose of the expeditionary force to Japan in Bunei no Eki was, from the beginning, a kind of reconnaissance of the fighting strength and this conversation also might have been held based upon a withdrawal plan already made.例文帳に追加

しかしながら、後述のように文永の役での日本派遣軍の目的はもともと威力偵察の類いであり、このやり取りも当初からの撤退予定を見越したものではなかったか、という指摘もされている。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る



reconnaissance in forceのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2017 CJKI. All Rights Reserved
株式会社クロスランゲージ株式会社クロスランゲージ
Copyright © 2017 Cross Language Inc. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン
無料会員になると
使える機能が満載!
無料会員に登録するweblioに登録するメリットはこちら
英→日 日→英

このモジュールを今後表示しない
英和和英辞典検索ランキング
こんにちは ゲスト さん

ログイン
無料会員になると
使える機能が満載!
無料会員に登録するweblioに登録するメリットはこちら

©2017 Weblio RSS