小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > sonata for solo celloの意味・解説 

sonata for solo celloとは意味・読み方・使い方

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加

意味・対訳 無伴奏チェロソナタ 作品134 は、セルゲイ・プロコフィエフが1952年に作曲を開始したチェロソナタ。、ゾルターン・コダーイの無伴奏チェロ・ソナタ(仏語: Sonate pour violoncelle seul)作品8は、1915年に作曲され、1918年5月7日に初演を果たした、チェリストのイェネー・ケルペイに献呈された無伴奏チェロ曲である(ウニヴェルザール出版社の楽譜上では、フランス語の献辞で“A Eugène de Kerpely”と記されている)。


Weblio英和対訳辞書での「sonata for solo cello」の意味

Sonata for Solo Cello (Kodály)


Sonata for Solo Cello (Prokofiev)

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



sonata for solo celloのページの著作権
英和・和英辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2023 GRAS Group, Inc.RSS