小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > Tangutの意味・解説 

Tangutとは
意味・読み方・使い方

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味タングート、西夏語、西夏語(英語: Tangut)は、古代の北東チベット・ビルマ語族の言語であり、西夏王朝においてかつて話されていた。

Weblio英和対訳辞書での「Tangut」の意味

Tangut


Tangut

西夏語
西夏語英語: Tangut)は、古代の北東チベット・ビルマ語族言語であり西夏王朝においてかつてされていた。
Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


「Tangut」を含む例文一覧

該当件数 : 4



例文

the country of the tibetan Tangut people, called Hsia発音を聞く例文帳に追加

西夏という,チベット系タングート族の国 - EDR日英対訳辞書

the writing characters used by the tibetan Tangut people発音を聞く例文帳に追加

西夏文字という,西夏で公用された文字 - EDR日英対訳辞書

It was also translated into Tibetan, Uighur, Tangut, Mongolian, Manchurian, Korean (onmun) and so on.発音を聞く例文帳に追加

またチベット語訳、ウイグル語訳、西夏語訳、モンゴル語訳、満洲語訳、朝鮮語(諺文)訳などがある。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

As for languages, there are various translations ranging from Indian dialects such as Pali and Sanskrit to Chinese, Tibetan, Mongolian and Manchurian, and a part of the sutra written in the Tangut language remains as well.発音を聞く例文帳に追加

言語的には、パーリ語・サンスクリット語などのインドのものを初めとして、中国語、チベット語、モンゴル語、満州語のものがあり、西夏語のものも一部現存する。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

Wiktionary英語版での「Tangut」の意味

Tangut

語源

(This etymology is missing または incomplete. Please add to it, または discuss it at the 語源 scriptorium.)

名詞

Tangut pl (複数形 only)

  1. A Qiangic people of mediaeval northern China.

固有名詞

Tangut

  1. Their Tibeto-Burman language.
  2. The logographic script uniquely used to write their language.

アナグラム

ウィキペディア英語版での「Tangut」の意味

Tangut

出典:『Wikipedia』 (2011/07/01 02:53 UTC 版)

英語による解説
ウィキペディア英語版からの引用


Tangutのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wiktionary英語版」の記事は、WiktionaryのTangut (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wikipedia英語版」の記事は、WikipediaのTangut (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2020 Weblio RSS