小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

sayaとは

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味佐屋

JST科学技術用語日英対訳辞書での「saya」の意味

Saya



「saya」を含む例文一覧

該当件数 : 19



例文

Saya (Sheath)例文帳に追加

 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

a silk texture called {'saya'}例文帳に追加

紗綾という絹織物 - EDR日英対訳辞書

A Saya-shi (Sheath craftsman) creates the Saya (sheath) appropriate to the Katana.例文帳に追加

鞘師によりその刀に見合った鞘を作成することになる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Katana is broadly divided into Saya, Toshin, Tsuka and Tsuba.例文帳に追加

刀は大きく、鞘・刀身・柄・鍔の部分に分けられる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Also, a lot of them are ornately decorated on Tsuka (handle) and Saya (sheath).例文帳に追加

又、柄や鞘の装飾が凝らしてある物も多い。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Regular Japanese sword = 6cm (the blade was nicked and bent, and could not be put into Saya.)例文帳に追加

通常の日本刀=6cm(刃が欠けて鞘に入らない位に曲がる) - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

The famous 'Hikigi no Saya' held by Rikyu is well-known example of this type of bowl.例文帳に追加

また、利休所持の「挽木鞘」(ひきぎのさや)が名物として著名である。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

日英固有名詞辞典での「saya」の意味

Saya

日本人苗字

;佐揚;耶;佐佐屋


Saya

日本人名前

允;椰;;佐允;さや;;咲星夜耶;耶;沙弥;佐;サーヤ;佐;佐耶;小野允;;咲小夜允;耶;椰;;佐耶;椰;;爽;咲耶;サヤ允;佐;佐耶;椰;;咲耶;


Saya

地名
地名読み方
佐屋さや
佐野さや

クロスランゲージ 37分野専門語辞書での「saya」の意味

SAYA

Weblio英和対訳辞書での「saya」の意味

Saya

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

「saya」を含む例文一覧

該当件数 : 19



例文

The world of 'a family trouble of the Sasaki family' from "Ukiyozuka Hiyoku no inazuma" (or Saya-ate, Scabbard confrontation).例文帳に追加

『浮世柄比翼稲妻』(鞘当さやあて)の「佐々木家のお家騒動」の世界 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

The end where the blade is inserted into the Saya (Sheath) is called Koiguchi (literally "carp mouth"), and the other side is called Kojiri (literally "small end").例文帳に追加

鞘は、刀身を差し入れる方を鯉口、逆の側を小尻と呼ぶ。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

A very small portion of iai-jutsu schools (those founded since the Edo period) practice with saya bokuto.例文帳に追加

極一部の居合術流派(江戸時代以来の流派)は鞘木刀で稽古をしている。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

In addition, other programs such as "Yowanasake Ukinano Yokogushi" and "Saya-ate" (The Scabbard Crossing) were used as the subject matter for namazu-e.例文帳に追加

このほか、『与話情浮名横櫛』『鞘当』などの演目も鯰絵の題材とされている。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Japanese swords are not completed soley by a sword craftsman, other craftsmen including a Togi-shi (polisher) and Saya-shi (Sheath craftsman) add the finishing touches.例文帳に追加

日本刀は刀工だけが造るものではなく、研師や鞘師などの職人によって初めて完成するものである。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Tsuka (handle grip) has a part called Kurigata (literally "chestnut shape") for fixing Saya to an Obi (belt), which is used for attaching a cord called Sageo (literally "string downside").例文帳に追加

また、柄には鞘を帯に固定したりする用途で栗形と呼ばれる部分が付いており、下緒と呼ばれる紐を通して用いる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

The movement of pulling out a sword a littlie by placing the thumb on the Tsuba (handguard) when drawing a Japanese sword from the Saya is called "Koiguchi wo kiru (cutting the Koiguchi)."例文帳に追加

日本刀を抜くときの所作で、親指を鍔にかけ、鞘から少し抜き出す動きがあるが、これを「鯉口を切る」という。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

For example, Sanesue SAIONJI used 'Saya-e,' Saneyoshi TOKUDAIJI used 'Mokko-mon' and the Sugawara and other clans used glitzy Kamon like Ume-mon.例文帳に追加

例えば上記の西園寺実季は「鞘絵」を、徳大寺実能は「木瓜紋」を、菅原一族などは梅紋をといった華美な紋を家紋にしている。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る



sayaのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2018 CJKI. All Rights Reserved
株式会社クロスランゲージ株式会社クロスランゲージ
Copyright © 2018 Cross Language Inc. All Right Reserved.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

会員登録のメリットみんなの検索ランキング機能が使える!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

会員登録のメリットみんなの検索ランキング機能が使える!

無料会員に登録する

©2018 Weblio RSS