小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 法令用語日英標準対訳辞書 > subordinate bankruptcy claimの意味・解説 

subordinate bankruptcy claimとは
意味・読み方・使い方

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味劣後的破産債権

法令用語日英標準対訳辞書での「subordinate bankruptcy claim」の意味

subordinate bankruptcy claim



「subordinate bankruptcy claim」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 12



例文

(iii) The statement to the effect that the claim in question is a subordinate bankruptcy claim or consensually-subordinated bankruptcy claim発音を聞く例文帳に追加

三 劣後的破産債権又は約定劣後破産債権であること。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(iii) If the claim in question is a subordinate bankruptcy claim or consensually-subordinated bankruptcy claim, a statement to that effect発音を聞く例文帳に追加

三 劣後的破産債権又は約定劣後破産債権であるときは、その旨 - 日本法令外国語訳データベースシステム

Article 142 (1) A bankruptcy creditor shall not have any voting right with regard to a subordinate bankruptcy claim or consensually-subordinated bankruptcy claim.発音を聞く例文帳に追加

第百四十二条 破産債権者は、劣後的破産債権及び約定劣後破産債権については、議決権を有しない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(2) A claim for which the bankruptcy creditor and the bankrupt, prior to the commencement of bankruptcy proceedings, reach an agreement to the effect that if bankruptcy proceedings are commenced against the bankrupt, the claim shall be subordinated to a subordinate bankruptcy claim in the order of priority for receiving a liquidating distribution in the bankruptcy proceedings (hereinafter referred to as an "consensually-subordinated bankruptcy claim") shall be subordinated to a subordinate bankruptcy claim.発音を聞く例文帳に追加

2 破産債権者と破産者との間において、破産手続開始前に、当該債務者について破産手続が開始されたとすれば当該破産手続におけるその配当の順位が劣後的破産債権に後れる旨の合意がされた債権(以下「約定劣後破産債権」という。)は、劣後的破産債権に後れる。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

Article 98 (1) A bankruptcy claim for which a general statutory lien or any other general priority exists over property that belongs to the bankruptcy estate (excluding a subordinate bankruptcy claim prescribed in paragraph (1) of the following Article and consensually-subordinated bankruptcy claim prescribed in paragraph (2) of said Article; hereinafter referred to as a "preferred bankruptcy claim") shall take preference over other bankruptcy claims.発音を聞く例文帳に追加

第九十八条 破産財団に属する財産につき一般の先取特権その他一般の優先権がある破産債権(次条第一項に規定する劣後的破産債権及び同条第二項に規定する約定劣後破産債権を除く。以下「優先的破産債権」という。)は、他の破産債権に優先する。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

Article 125 (1) Where, in an investigation of bankruptcy claims, a bankruptcy trustee has disapproved the amount of a bankruptcy claim or the type of the claim, namely, preferred bankruptcy claim, subordinate bankruptcy claim or consensually-subordinated bankruptcy claim (hereinafter referred to as the "amount, etc." in this Article and Article 127(1)) or an objection has been made by any holder(s) of filed bankruptcy claim with regard to these matters, the holder(s) of filed bankruptcy claim who holds the bankruptcy claim in question (thereinafter referred to as the "denied/disputed bankruptcy claim"), in order to determine the amount and type of the claim, may file a petition to the court, against said bankruptcy trustee as well as said holder(s) of filed bankruptcy claim who made the objection (hereinafter referred to as the "denying/disputing party" in this Subsection), for assessment of the amount, etc. of the claim (hereinafter referred to as a "petition for bankruptcy claim assessment"); provided, however, that this shall not apply in the case referred to in Article 127(1) and Article 129(1) and (2).発音を聞く例文帳に追加

第百二十五条 破産債権の調査において、破産債権の額又は優先的破産債権、劣後的破産債権若しくは約定劣後破産債権であるかどうかの別(以下この条及び第百二十七条第一項において「額等」という。)について破産管財人が認めず、又は届出をした破産債権者が異議を述べた場合には、当該破産債権(以下「異議等のある破産債権」という。)を有する破産債権者は、その額等の確定のために、当該破産管財人及び当該異議を述べた届出をした破産債権者(以下この款において「異議者等」という。)の全員を相手方として、裁判所に、その額等についての査定の申立て(以下「破産債権査定申立て」という。)をすることができる。ただし、第百二十七条第一項並びに第百二十九条第一項及び第二項の場合は、この限りでない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

例文

i) With regard to a claim that has been filed with a statement that the claim is a subordinate bankruptcy claim prescribed in Article 99(1) of the Bankruptcy Act, the amount and cause of the bankruptcy claim set forth in Article 111(1)(i) of said Act: The amount of the rehabilitation claim, as an element of the content of the rehabilitation claim prescribed in Article 94(1), and the cause of the rehabilitation claim prescribed in Article 94(1発音を聞く例文帳に追加

一 破産法第九十九条第一項に規定する劣後的破産債権である旨の届出があった債権についての同法第百十一条第一項第一号に掲げる破産債権の額及び原因の届出 第九十四条第一項に規定する再生債権の内容としての額及び同項に規定する再生債権の原因の届出 - 日本法令外国語訳データベースシステム

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

「subordinate bankruptcy claim」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 12



例文

Article 99 (1) The following claims (hereinafter referred to as "subordinate bankruptcy claims") shall be subordinated to other bankruptcy claims (excluding the consensually-subordinated bankruptcy claim prescribed in the following paragraph):発音を聞く例文帳に追加

第九十九条 次に掲げる債権(以下「劣後的破産債権」という。)は、他の破産債権(次項に規定する約定劣後破産債権を除く。)に後れる。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(2) A claim for retirement allowance of an employee of the bankrupt who has retired prior to the close of bankruptcy proceedings (excluding the part of the claim that shall be a subordinate bankruptcy claim should it be treated as a bankruptcy claim in whole) shall be a claim on the estate for an amount equivalent to the total amount of the employee's salary for the three months preceding retirement (in cases where such total amount is less than the total amount of his/her salary for the three months preceding the commencement of bankruptcy proceedings, the total amount of his/her salary for the three months preceding the commencement of bankruptcy proceedings).発音を聞く例文帳に追加

2 破産手続の終了前に退職した破産者の使用人の退職手当の請求権(当該請求権の全額が破産債権であるとした場合に劣後的破産債権となるべき部分を除く。)は、退職前三月間の給料の総額(その総額が破産手続開始前三月間の給料の総額より少ない場合にあっては、破産手続開始前三月間の給料の総額)に相当する額を財団債権とする。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(3) The provisions of Article 103(2) and (3) shall apply mutatis mutandis to the claims on the estate prescribed in paragraph (1)(vii) and the preceding paragraph. In this case, if the claim on the estate is a claim without interest or claim for periodic payments, the amount of such claim shall be the amount obtained by deducting therefrom an amount equivalent to the part of the claim that shall be a subordinate bankruptcy claim set forth in Article 99(1)(ii) to (iv) should the claim be treated as a bankruptcy claim.発音を聞く例文帳に追加

3 第百三条第二項及び第三項の規定は、第一項第七号及び前項に規定する財団債権について準用する。この場合において、当該財団債権が無利息債権又は定期金債権であるときは、当該債権の額は、当該債権が破産債権であるとした場合に第九十九条第一項第二号から第四号までに掲げる劣後的破産債権となるべき部分に相当する金額を控除した額とする。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

(iv) With regard to any of the claims listed in Article 87(1)(i), (ii) or (iii)(a), the amount of the rehabilitation claim, as an element of the content of the rehabilitation claim, and the amount of the voting right for the rehabilitation claim, both prescribed in Article 94(1): The statement that the claim in question is a subordinate bankruptcy claim set forth in Article 111(1)(iii) of the Bankruptcy Act for its part corresponding to the amount obtained by deducting the amount of the voting right for the rehabilitation claim from the amount of the filed rehabilitation claim, which is an element of the content thereof発音を聞く例文帳に追加

四 第八十七条第一項第一号、第二号又は第三号イに掲げる債権についての第九十四条第一項に規定する再生債権の内容としての額及び再生債権についての議決権の額の届出 届出があった再生債権の内容としての額から届出があった再生債権についての議決権の額を控除した額に係る部分につき破産法第百十一条第一項第三号に掲げる劣後的破産債権である旨の届出 - 日本法令外国語訳データベースシステム

例文

(4) Notwithstanding the provision of the preceding paragraph, when it is obvious that the rehabilitation debtor is unable to pay his/her debts in full with his/her property with regard to claims that take preference over consensually-subordinated rehabilitation claims (meaning a claim for which the rehabilitation creditor and the rehabilitation debtor, prior to the commencement of rehabilitation proceedings, reach an agreement to the effect that if bankruptcy proceedings are commenced against the rehabilitation debtor, the claim shall be subordinated to a subordinate bankruptcy claim prescribed in Article 99(1) of the Bankruptcy Act (Act No. 75 of 2004) in the order of priority for receiving a liquidating distribution in the bankruptcy proceedings; the same shall apply hereinafter), the notice under the provision of the preceding paragraph shall not be required to be given to the holders of such consensually-subordinated rehabilitation claims if they are known.発音を聞く例文帳に追加

4 前項の規定にかかわらず、再生債務者がその財産をもって約定劣後再生債権(再生債権者と再生債務者との間において、再生手続開始前に、当該再生債務者について破産手続が開始されたとすれば当該破産手続におけるその配当の順位が破産法(平成十六年法律第七十五号)第九十九条第一項に規定する劣後的破産債権に後れる旨の合意がされた債権をいう。以下同じ。)に優先する債権に係る債務を完済することができない状態にあることが明らかであるときは、当該約定劣後再生債権を有する者であって知れているものに対しては、前項の規定による通知をすることを要しない。 - 日本法令外国語訳データベースシステム

>>例文の一覧を見る

「subordinate bankruptcy claim」の意味に関連した用語


subordinate bankruptcy claimのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本法令外国語訳データベースシステム日本法令外国語訳データベースシステム
※この記事は「日本法令外国語訳データベースシステム」の2010年1月現在の情報を転載しております。

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2019 Weblio RSS