小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

1144とは意味・読み方・使い方

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加

遺伝子名称シソーラスでの「1144」の意味

1144

fly遺伝子名1144
同義語(エイリアス)Mod(var)1144
SWISS-PROTのID---
EntrezGeneのIDEntrezGene:260751
その他のDBのIDFlyBase:FBgn0062622

本文中に表示されているデータベースの説明

SWISS-PROT
スイスバイオインフォマティクス研究所欧州バイオインフォマティクス研究所によって開発運営されているタンパク質アミノ酸配列データベース
EntrezGene
NCBIによって運営されている遺伝子データベース染色体上の位置配列発現構造機能、ホモロジーデータなどが含まれている
FlyBase
米英大学のショウジョウバエ研究者などにより運営されるショウジョウバエ生態遺伝子情報に関するデータベース

「1144」を含む例文一覧

該当件数 : 34



例文

Koji April 28, 1142 - February 23, 1144発音を聞く例文帳に追加

康治1142年4月28日-1144年2月23日 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

Tenyo February 23, 1144 - July 22, 1145発音を聞く例文帳に追加

天養1144年2月23日-1145年7月22日 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

1144: Concurrently Echizen no Gon no kami (Provisional Governor of Echizen Province)発音を聞く例文帳に追加

康治3年(1144年)兼越前権守 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

In 1144 was conferred the court rank of Shorokui (Senior Sixth Rank).発音を聞く例文帳に追加

天養元年(1144年)、正六位に叙せられる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

1144 - 7 years old発音を聞く例文帳に追加

康治3年のち改元して天養元年(1144年)(7歳) - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

In 1144, he became eligible to enter the Imperial court.発音を聞く例文帳に追加

天養元年(1144年)昇殿を許された。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

He was rewarded Shoshiinojo (Senior Fourth Rank, Upper Grade) in 1144 and also became the Governor of Owari Province.発音を聞く例文帳に追加

天養元年(1144年)正四位上に叙され、尾張国守となった。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

「1144」を含む例文一覧

該当件数 : 34



例文

Shippan (unknownOctober 15, 1144) was a monk during the late Heian period.発音を聞く例文帳に追加

実範(しっぱん、生年不詳-天養元年9月10日(旧暦)(1144年10月8日))は、平安時代後期の僧。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

He was born as the sixth son of TAIRA no Tadamori, the chief of Ise-Heishi (Taira clan) in 1144.発音を聞く例文帳に追加

天養元年(1144年)、伊勢平氏の頭領である平忠盛の六男として生まれる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

In 1144 his father Akisuke was commissioned by Emperor Sutoku to compile the imperial anthology, "Shika Wakashu" (the Collection of Verbal Flowers).発音を聞く例文帳に追加

天養元年(1144年)、崇徳天皇より父顕輔が勅撰集『詞花和歌集』の撰集を命ぜられた。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

(It departed Kisaichi Station at 11:07 and arrived at Tenmabashi Station at 11:44; in operation for the second time on a holiday)発音を聞く例文帳に追加

(私市1107→天満橋1144・休日2度目の運行) - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

After his first court rank was conferred upon him in 1144, he received a steady stream of promotions, until in the eleventh month of 1156, he was invested with the Jusanmi (Junior Third Rank) and began to be counted a high-ranking court noble.発音を聞く例文帳に追加

天養元年(1144年)に叙爵してから順調に昇進を重ねて、保元元年(1156年)11月に従三位に叙任して公卿に列した。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

In 1144, Emperor Sutoku ordered FUJIWARA no Akisuke (1090 - 1155) to compile the anthology, and he finished and submitted it to the Emperor for inspection in 1151.発音を聞く例文帳に追加

天養元年(1144)に崇徳天皇が下命し、藤原顕輔(1090~1155年)が撰者となって編集、仁平元年(1151)になって完成奏覧された。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

In 1144 he was commissioned by the Retired Emperor Sutoku to compile an imperial anthology, which was completed as "Shika Wakashu" (the Collection of Verbal Flowers) in 1151.発音を聞く例文帳に追加

1144年(天養4年)に崇徳上皇の勅撰集撰進の命を受け、1151年(仁平元年)「詞花和歌集」を選集した。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

Chronologically, Saigyo was living in seclusion in the base of the mountains in northern Kyoto, in places such as Kurama, immediately after being a priest and traveled to the Ou region for the first time around 1144.発音を聞く例文帳に追加

年次に従って言えば、出家直後は鞍馬などの京都北麓に隠棲し、天養初年(1144年)ごろ奥羽地方へはじめての旅行。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


1144のページの著作権
英和・和英辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ライフサイエンス統合データベースセンターライフサイエンス統合データベースセンター
DBCLS Home Page by DBCLS is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2022 GRAS Group, Inc.RSS