小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > Avaricumの意味・解説 

Avaricumとは 意味・読み方・使い方

ピン留め

追加できません

(登録数上限)

単語を追加

意味・対訳 アウァリクム包囲戦(アウァリクムほういせん、フランス語:Siège d'Avaricum)は、紀元前52年に行われたガリア総督ガイウス・ユリウス・カエサル率いる共和政ローマ軍がビドゥリゲス族(en)のオッピドゥムであったアウァリクム(現:ブールジュ)を攻撃した戦闘である。


Weblio英和対訳辞書での「Avaricum」の意味

Avaricum

アウァリクム包囲
アウァリクム包囲(アウァリクムほういせん、フランス語Siège d'Avaricum)は、紀元前52年に行われたガリア総督ガイウス・ユリウス・カエサル率いる共和政ローマがビドゥリゲスen)のオッピドゥムであったアウァリクム(ブールジュ)を攻撃した戦闘である
Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


Wiktionary英語版での「Avaricum」の意味

Avaricum

語源

From the river Avara +‎ -icum

発音

固有名詞

Avāricum n sg (genitive Avāricī); second declension

  1. The chief city of the Bituriges in Aquitania, now Bourges

語形変化

Second-declension noun (neuter), with locative, singular only.

Case Singular
Nominative Avāricum
Genitive Avāricī
Dative Avāricō
Accusative Avāricum
Ablative Avāricō
Vocative Avāricum
Locative Avāricī

派生語

  • Avāricensis

参照


「Avaricum」の意味に関連した用語

Avaricumのページの著作権
英和・和英辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wiktionary英語版」の記事は、WiktionaryのAvaricum (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2024 GRAS Group, Inc.RSS