小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和辞典 > William Shakespeareの意味・解説 

William Shakespeareとは


クイック再生プレーヤー再生
ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味シェークスピア

研究社 新英和中辞典での「William Shakespeare」の意味

Shakespeare, William

音節Shake・speare 発音記号・読み方/ʃéɪkspɪɚ‐pɪə/音声を聞く
名詞


「William Shakespeare」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 17



例文

the idolization of William Shakespeare例文帳に追加

ウィリアム・シェークスピアへの心酔 - 日本語WordNet

William Shakespeare was an Elizabethan例文帳に追加

ウィリアム・シェークスピアはエリザベス時代の人だった - 日本語WordNet

wife of William Shakespeare (1556-1623)例文帳に追加

ウィリアム・シェイクスピアの妻(1556年−1623年) - 日本語WordNet

The translation of the complete works of William SHAKESPEARE例文帳に追加

ウィリアム・シェイクスピア全集の翻訳 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

of or relating to William Shakespeare or his works例文帳に追加

ウィリアム・シェイクスピアまたは彼の作品の、あるいはそれらに関するさま - 日本語WordNet

>>例文の一覧を見る

調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • ランキング機能
    ランキング機能
    話題の単語を
    チェック!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

Weblio英和対訳辞書での「William Shakespeare」の意味

(William) Shakespeare

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

ウィキペディア英語版での「William Shakespeare」の意味

William Shakespeare

出典:『Wikipedia』 (2011/06/28 03:46 UTC 版)

英語による解説
ウィキペディア英語版からの引用

「William Shakespeare」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 17



例文

the hero of William Shakespeare's tragedy who would not trust his wife例文帳に追加

彼の妻を信じないウィリアム・シェイクスピアの悲劇の英雄 - 日本語WordNet

the hero of William Shakespeare's tragedy who hoped to avenge the murder of his father例文帳に追加

彼の父親の殺人者に復讐することを望んだウィリアム・シェークスピアの悲劇の主人公 - 日本語WordNet

the villain in William Shakespeare's tragedy who tricked Othello into murdering his wife例文帳に追加

オセロを騙して彼の妻を殺害させたウィリアム・シェークスピアの悲劇中の悪漢 - 日本語WordNet

the hero of William Shakespeare's tragedy who was betrayed and mistreated by two of his scheming daughters例文帳に追加

計画的な2人の娘によって裏切られ、不当な扱いを受けたウィリアム・シェークスピアの悲劇の主人公 - 日本語WordNet

He struts about freely in a world where all 37 works of William Shakespeare exist mixed up, and explains the background events and scenes of the story.例文帳に追加

ウィリアム・シェイクスピアの全37作品が入り混じる世界を縦横無尽に闊歩し、物語の裏事情や場面の解説などをしてくれる。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

It is a film that replaces "Macbeth," a William Shakespeare's play into the Sengoku period (period of warring states) in Japan.例文帳に追加

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『マクベス(シェイクスピア)』を日本の戦国時代_(日本)に置き換えた作品。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

The Tsubouchi Memorial Theatre Museum of Waseda University was constructed to commemorate Shoyo's accomplishments that translated the complete works of William SHAKESPEARE.例文帳に追加

早稲田大学の演劇博物館は、逍遙のウィリアム・シェイクスピア全訳の偉業を記念して建設されたものである。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

例文

Taking William Shakespeare as an example, it has long been advocated that Shakespeare were different individuals, but even those people who take this viewpoint do not consider his works to be gisho.例文帳に追加

例えば、ウィリアム・シェイクスピアは古くからシェイクスピア別人説も唱えられているが、そうした立場を採る者でも、それをもって偽書などと呼ぶことはない。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る



William Shakespeareのページの著作権
英和辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2018 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wikipedia英語版」の記事は、WikipediaのWilliam Shakespeare (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

会員登録のメリットみんなの検索ランキング機能が使える!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
無料会員登録をすると、
検索ランキングを
確認できます。
無料会員に登録する
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

会員登録のメリットみんなの検索ランキング機能が使える!

無料会員に登録する

©2018 Weblio RSS