小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

saisとは

ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
発音記号・読み方
/séɪz(米国英語)/

機械工学英和和英辞典での「sais」の意味

SAIS (South African Interplanetary Society)



「sais」を含む例文一覧

該当件数 : 1



例文

Eventually, the bakufu rikugun became the largest western-style military organization in Japan, centering on 8 regiments of infantry and 3 battalion of learning infantry (some sais that it should be 9 regiments as the sixteenth regiment was established in the territory of Harima of Hitotsubashi Tokugawa family).例文帳に追加

最終時点で、幕府陸軍は歩兵隊8個連隊(一橋徳川家の播磨領で第16連隊が編成されて、計9個連隊であるとも言われる。)と伝習歩兵隊3個大隊を中核に、日本最大の西洋式軍事組織となっていた。 - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

>>例文の一覧を見る


調べた例文を記録して、 効率よく覚えましょう
Weblio会員登録無料で登録できます!
  • 履歴機能
    履歴機能
    過去に調べた
    単語を確認!
  • 語彙力診断
    語彙力診断
    診断回数が
    増える!
  • マイ単語帳
    マイ単語帳
    便利な
    学習機能付き!
  • マイ例文帳
    マイ例文帳
    文章で
    単語を理解!
  • その他にも便利な機能が満載!
Weblio会員登録(無料)はこちらから

Wiktionary英語版での「sais」の意味

sais

語源 1

From Hindi (Hindustani), from Arabic سَائِس‎ (sāʾis, stableman, groom), from سَاس‎ (sās, to tend a horse).

別の表記

発音

名詞

sais (複数形 saises)

  1. (India) A groom, or servant with responsibility for the horses.
  2. (Malaya, dated) usually syce: chauffeur, driver.

発音

アナグラム



saisのページの著作権
英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wiktionary英語版」の記事は、Wiktionaryのsais (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
CMUdictCMUdict is Copyright (C) 1993-2008 by Carnegie Mellon University.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

このモジュールを今後表示しない
みんなの検索ランキング
閲覧履歴
無料会員登録をすると、
単語の閲覧履歴を
確認できます。
無料会員に登録する
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

Weblio会員(無料)になると

会員登録のメリット検索履歴を保存できる!

会員登録のメリット語彙力診断の実施回数増加!

無料会員に登録する

©2019 Weblio RSS