小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和辞典 > argumentの意味・解説 

argumentとは


クイック再生プレーヤー再生
ピン留め
追加できません(登録数上限)
単語を追加
主な意味(事実や論理をもとにして行なう)議論、論争、口論、議論、主張、言い争い、(賛否の)論、論拠、論点、言い分
音節ar・gu・ment 発音記号・読み方
/άɚgjʊmənt(米国英語), άːgjʊmənt(英国英語)/

argumentの
変形一覧

名詞:arguments(複数形)

argumentの
学習レベル

レベル3英検準2級以上の単語学校レベル高校2年以上の水準TOEICスコア470点以上の単語大学入試センター試験対策レベル

研究社 新英和中辞典での「argument」の意味

argument

音節ar・gu・ment 発音記号/άɚgjʊməntάː‐/音声を聞く
名詞

1

不可算名詞 [具体的には 可算名詞]


by argument 議論で.
We had an argument about the plan. その計画について議論をした.

b

〔+that〕〈…という議論; 論争; 主張.


The argument that smoking is injurious has become accepted. たばこ健康にであるという主張容認されてきた.

2

可算名詞と〕〔…についての口論言い争い 〔with〕 〔about,over〕.


I had an argument with my wife over her spending habits. 私はと(妻の)金の使い方ことで言い争いをした.

3

可算名詞 (賛否の)論拠論点言い分理由 〔for,in favor of; against〕.


4

可算名詞 (主題の),(書物の)梗概(うが), (物語脚本の).


ARGUE+‐MENT


「argument」を含む例文一覧

該当件数 : 3101



例文

by argument例文帳に追加

議論で. - 研究社 新英和中辞典

a blazing argument例文帳に追加

激論. - 研究社 新英和中辞典

例文

the contents of an argument例文帳に追加

議論 - EDR日英対訳辞書

>>例文の一覧を見る

ハイパー英語辞書での「argument」の意味

マイクロソフト用語集での「argument」の意味

機械工学英和和英辞典での「argument」の意味

argument


argument(of a complex number)

電気制御英語辞典での「argument」の意味

argument

和英河川・水資源用語集での「argument」の意味

argument

法令用語日英標準対訳辞書での「argument」の意味

argument

英和独禁法用語辞典での「argument」の意味

argument

日英対訳言語学用語集での「argument」の意味

argument

和英図学用語辞書での「argument」の意味

argument

日本語WordNet(英和)での「argument」の意味

EDR日英対訳辞書での「argument」の意味

argument

Weblio英語表現辞典での「argument」の意味

argument(議論)

斎藤和英大辞典での「argument」の意味

argument


Argument

Weblio専門用語対訳辞書での「argument」の意味

argument

引数引き数

カテゴリ IT用語


Argument

Weblio専門用語対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblio英和対訳辞書での「argument」の意味

argument


argument


Argument


Argument (complex analysis)

複素数の偏角
数学においてarg は(複素数平面において視覚化される複素数上の関数であるそれは正の実軸から原点を結ぶ直線までの角度を与える図1では φ でされており点の偏角 (argument) と呼ばれる目次1 定義2 主値2.1 表記3 被覆空間4 計算5 恒等式5.1 6 参考文献6.1 脚注6.2 文献7 外部リンク定義複素数 z = x + iy の偏角は,arg(z) とかれ,2つの同値方法で定義される幾何学的には,複素数平面において正の実軸から z を表すベクトルまでの角度 φ である数値ラジアンでの角度与えられ,反時計回りにったときにである代数的には,ある正の実数 r に対して z = r ( cos ⁡ φ + i sin ⁡ φ ) = r e i φ {\displaystyle z=r(\cos \varphi +i\sin \varphi )=re^{i\varphi }} となるような任意の実数 φ であるオイラーの公式参照). r は z の絶対値であり,|z| と書かれるr = x 2 + y 2 . {\displaystyle r={\sqrt {x^{2}+y^{2}}}.} 絶対値大きさ呼んだ偏角位相あるいは振幅)と呼んだりすることもあるいずれの定義においても任意の非零複素数の偏角取り得るはたくさんあること分かる:まず,幾何学的な角度として一周回転させて変わらないことは明らかでありしたがってラジアン完全な円)の整数倍差がある角度同じである同様にsincos周期性から,第二の定義でもこの性質持つ主値0 の周りちょうど一回転させて複素数変わらないから,φ の取り方は,任意の回数原点周り周ることによってたくさんあるこれは3に示されている多価集合値関数していて,垂直線曲面との交点の高さが,その点角度可能な選択すべて表しているwell-defined関数要求されるときは,主値と呼ばれる通常の取り方は,開閉区間 (−π, π], つまり −π から π ラジアンまでで −π を除く同じことだが −180 度除いて180 度から +180 度まで)であるこれは正の実軸から両方向完全な円の半分までの角度を表す著者によっては主値範囲開区間 [0, 2π) と定義する.表記主値は,特に偏角一般バージョン考えているときにはArg z のように最初の文字大文字にすることがある.表記には揺れがあり,argArg文献によって逆になったりすることに注意偏角すべての可能な値集合Arg を用いて次のように書けるarg ⁡ ( z ) = { Arg ⁡ ( z ) + 2 π n ∣ n ∈ Z } . {\displaystyle \arg(z)=\{\operatorname {Arg} (z)+2\pi n\mid n\in \mathbb {Z} \}.} 同様に Arg ⁡ ( z ) = { arg ⁡ ( z ) − 2 π n ∣ n ∈ Z   ∧ − π < Arg ⁡ ( z ) ≤ π } . {\displaystyle \operatorname {Arg} (z)=\{\arg(z)-2\pi n\mid n\in \mathbb {Z} \ \land -\pi <\operatorname {Arg} (z)\leq \pi \}.} 被覆空間インフォーマルな状況では,argwell-defined でないままのこともあり,例えば arg z(t), ただし z はパラメーター t に依る,は z が原点まわりまわるごとに変わってもよい.この考え次のように考えることによってより正確にできる:z(t) は複素平面上で定義されているではなく被覆空間上で定義されている原点除き角度制限設けない極座標そのような空間与えこの場合 arg定義されるarg : R > 0 × R → R ( r , φ ) ↦ φ . {\displaystyle {\begin{aligned}\arg \colon \mathbb {R} _{>0}\times \mathbb {R} &\to \mathbb {R} \\(r,\,\varphi )&\mapsto \varphi .\end{aligned}}} 被覆空間は C ∖ { 0 } {\displaystyle \mathbb {C} \smallsetminus \{0\}} に同値であり底空間として正の半径単位円角度 R > 0 × S 1 {\displaystyle \mathbb {R} _{>0}\times \mathbb {S} ^{1}} を持つ主値 Arg はこの表現被覆空間区間 (−π, π] に写すArg : R > 0 × R → ( − π , π ] ( r , φ ) ↦ φ . {\displaystyle {\begin{aligned}\operatorname {Arg} :\mathbb {R} _{>0}\times \mathbb {R} &\to \left(-\pi ,\,\pi \right]\\(r,\,\varphi )&\mapsto \varphi .\end{aligned}}} 計算x + iy として与えられた複素数の主値 Arg は,関数 atan2(英語版あるいは言語による変種を用いて多くのプログラミング言語の数ライブラリ通常利用可能である.atan2(y, x) の範囲 (−π, π] における主値である.y/x は傾きで,arctan傾き角度に変えるから,多くのテキストではarctan(y/x) で与えられるなっているこれは x > 0 のときのみ,したがって定義され角度が −π/2 と π/2 の間にあるときにのみ,正しいが,この定義を x がでない場合に拡張することは比較的難しい具体的には,偏角主値2つの半平面 x > 0 と x < 0(負の x 軸分枝切断ほしいときは2つの四分平面わける),y > 0 と y < 0 にばらばらに定義してから貼り合わせるArg ⁡ ( x + i y ) = atan2 ⁡ ( y , x ) = { arctan ⁡ ( y x ) if  x > 0 , arctan ⁡ ( y x ) + π if  x < 0  and  y ≥ 0 , arctan ⁡ ( y x ) − π if  x < 0  and  y < 0 , + π 2 if  x = 0  and  y > 0 , − π 2 if  x = 0  and  y < 0 , undefined if  x = 0  and  y = 0. {\displaystyle \operatorname {Arg} (x+iy)=\operatorname {atan2} (y,\,x)={\begin{cases}\arctan({\frac {y}{x}})&{\text{if }}x>0,\\\arctan({\frac {y}{x}})+\pi &{\text{if }}x<0{\text{ and }}y\geq 0,\\\arctan({\frac {y}{x}})-\pi &{\text{if }}x<0{\text{ and }}y<0,\\+{\frac {\pi }{2}}&{\text{if }}x=0{\text{ and }}y>0,\\-{\frac {\pi }{2}}&{\text{if }}x=0{\text{ and }}y<0,\\{\text{undefined}}&{\text{if }}x=0{\text{ and }}y=0.\end{cases}}} 4つ重なる半平面でのコンパクトな表示Arg ⁡ ( x + i y ) = atan2 ⁡ ( y , x ) = { arctan ⁡ ( y x ) if  x > 0 , π 2 − arctan ⁡ ( x y ) if  y > 0 , − π 2 − arctan ⁡ ( x y ) if  y < 0 , arctan ⁡ ( y x ) ± π if  x < 0 , undefined if  x = 0  and  y = 0. {\displaystyle \operatorname {Arg} (x+iy)=\operatorname {atan2} (y,\,x)={\begin{cases}\arctan \left({\frac {y}{x}}\right)&{\text{if }}x>0,\\{\frac {\pi }{2}}-\arctan \left({\frac {x}{y}}\right)&{\text{if }}y>0,\\-{\frac {\pi }{2}}-\arctan \left({\frac {x}{y}}\right)&{\text{if }}y<0,\\\arctan \left({\frac {y}{x}}\right)\pm \pi &{\text{if }}x<0,\\{\text{undefined}}&{\text{if }}x=0{\text{ and }}y=0.\end{cases}}} Arg が区 [0, 2π) にあると定義される変種では,負のときにに 2π を足すことで得られるあるいは主値正接の半角公式英語版を用いて一様な方法で計算できるArg ⁡ ( x + i y ) = { 2 arctan ⁡ ( y x 2 + y 2 + x ) if  x > 0  or  y ≠ 0 , π if  x < 0  and  y = 0 , undefined if  x = 0  and  y = 0. {\displaystyle \operatorname {Arg} (x+iy)={\begin{cases}2\arctan \left({\frac {y}{{\sqrt {x^{2}+y^{2}}}\,+x}}\right)&{\text{if }}x>0{\text{ or }}y\neq 0,\\\pi &{\text{if }}x<0{\text{ and }}y=0,\\{\text{undefined}}&{\text{if }}x=0{\text{ and }}y=0.\end{cases}}} これは有理関数による円周負の x 軸を除く)のパラメトライゼーションに基づいている.Arg のこのバージョン浮動小数点計算十分安定でない領域 x < 0, y = 0 の近くオーバーフローするかもしれない)が,記号的な計算では使えるオーバーフローを避ける最後の公式の変種高精度計算ときどき使われるArg ⁡ ( x + i y ) = { 2 arctan ⁡ ( x 2 + y 2x y ) if  y ≠ 0 , 0 if  x > 0  and  y = 0 , π if  x < 0  and  y = 0 , undefined if  x = 0  and  y = 0. {\displaystyle \operatorname {Arg} (x+iy)={\begin{cases}2\arctan \left({\frac {{\sqrt {x^{2}+y^{2}}}\,-x}{y}}\right)&{\text{if }}y\neq 0,\\0&{\text{if }}x>0{\text{ and }}y=0,\\\pi &{\text{if }}x<0{\text{ and }}y=0,\\{\text{undefined}}&{\text{if }}x=0{\text{ and }}y=0.\end{cases}}} 恒等式主値 Arg定義する主な動機づけ1つは,複素数絶対値偏角形式で書くことができることである.したがって任意の複素数 z に対して, z = | z | e i Argz . {\displaystyle z=\left|z\right|e^{i\operatorname {Arg} z}.} これは実際に有効なのは z がでないときだけだが,z = 0 に対してArg(0) を未定義ではなく不定形英語版と考えることで有効であると考えられるいくつかの恒等式従うz1 と z2 が2つの 0 でない複素数であるとき, Arg ⁡ ( z 1 z 2 ) ≡ Arg ⁡ ( z 1 ) + Arg ⁡ ( z 2 ) ( mod ( − π , π ] ) , {\displaystyle \operatorname {Arg} (z_{1}z_{2})\equiv \operatorname {Arg} (z_{1})+\operatorname {Arg} (z_{2}){\pmod {(-\pi ,\pi ]}},} Arg ⁡ ( z 1 z 2 ) ≡ Arg ⁡ ( z 1 ) − Arg ⁡ ( z 2 ) ( mod ( − π , π ] ) . {\displaystyle \operatorname {Arg} {\biggl (}{\frac {z_{1}}{z_{2}}}{\biggr )}\equiv \operatorname {Arg} (z_{1})-\operatorname {Arg} (z_{2}){\pmod {(-\pi ,\pi ]}}.} z ≠ 0 で n が任意の整数のとき, Arg ⁡ ( z n ) ≡ n Arg ⁡ ( z ) ( mod ( − π , π ] ) . {\displaystyle \operatorname {Arg} \left(z^{n}\right)\equiv n\operatorname {Arg} (z){\pmod {(-\pi ,\pi ]}}.} Arg ⁡ ( − 1 − i i ) = Arg ⁡ ( − 1 − i ) − Arg ⁡ ( i ) = − 3 π 4 − π 2 = − 5 π 4 = 3 π 4 ( mod ( − π , π ] ) . {\displaystyle \operatorname {Arg} {\biggl (}{\frac {-1-i}{i}}{\biggr )}=\operatorname {Arg} (-1-i)-\operatorname {Arg} (i)=-{\frac {3\pi }{4}}-{\frac {\pi }{2}}=-{\frac {5\pi }{4}}={\frac {3\pi }{4}}{\pmod {(-\pi ,\pi ]}}.} 参考文献脚注^ Dictionary of Mathematics (2002). phase.^ Knopp, Konrad; Bagemihl, Frederick (1996). Theory of Functions Parts I and II. Dover Publications. p. 3. ISBN 0-486-69219-1. 文献Ahlfors, Lars (1979). Complex Analysis: An Introduction to the Theory of Analytic Functions of One Complex Variable (3rd ed.). New York;London: McGraw-Hill. ISBN 0-07-000657-1. Ponnuswamy, S. (2005). Foundations of Complex Analysis (2nd ed.). New Delhi;Mumbai: Narosa. ISBN 978-81-7319-629-4. Beardon, Alan (1979). Complex Analysis: The Argument Principle in Analysis and Topology. Chichester: Wiley. ISBN 0-471-99671-8. Borowski, Ephraim; Borwein, Jonathan (2002) [1st ed. 1989 as Dictionary of Mathematics]. Mathematics. Collins Dictionary (2nd ed.). Glasgow: HarperCollins. ISBN 0-00-710295-X. 外部リンクWeisstein, Eric W. "Complex Argument". MathWorld(英語).。

Argument (linguistics)

(言語学)
(こう、argument)は、言語学における統語論用語

one's argument

論点〉・主張
Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Wiktionary英語版での「argument」の意味

argument

語源

From Middle English, from Anglo-Norman, from Old French, from Latin argumentum (proof, evidence, token, subject, contents), from arguō (to prove, argue); see argue.

発音

名詞

argument (countable かつ uncountable, 複数形 arguments)

  1. A fact or statement used to support a proposition; a reason.
  2. A verbal dispute; a quarrel.
  3. A process of reasoning.
  4. (philosophy, logic) A series of propositions organized so that the final proposition is a conclusion which is intended to follow logically from the preceding propositions, which function as premises.
  5. (mathematics) The independent variable of a function.
  6. (mathematics) The phase of a complex number.
  7. (programming) A value, or reference to a value, passed to a function.
    Parameters are like labeled fillable blanks used to define a function whereas arguments are passed to a function when calling it, filling in those blanks.
  8. (programming) A parameter in a function definition; an actual parameter, as opposed to a formal parameter.
  9. (linguistics) Any of the phrases that bears a syntactic connection to the verb of a clause.
  10. (astronomy) The quantity on which another quantity in a table depends.
    The altitude is the argument of the refraction.
  11. The subject matter of a discourse, writing, or artistic representation; theme or topic; also, an abstract or summary, as of the contents of a book, chapter, poem.
  12. Matter for question; business in hand.

同意語

「argument」を含む例文一覧

該当件数 : 3101



例文

a childish argument例文帳に追加

幼稚な議論. - 研究社 新英和中辞典

a sharp argument例文帳に追加

激しい論戦. - 研究社 新英和中辞典

例文

a threadbare argument例文帳に追加

陳腐な論議. - 研究社 新英和中辞典

>>例文の一覧を見る



argumentのページの著作権
英和辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2017 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版
© 2000 - 2017 Hyper Dictionary, All rights reserved
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2017 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2017 Microsoft
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
安藤設計事務所安藤設計事務所
Copyright (C) 2017 安藤設計事務所 All rights reserved.
公益社団法人日本河川協会公益社団法人日本河川協会
Copyright(C) 2017 Infrastructure Development Institute-Japan. All Rights Reserved.
日本法令外国語訳データベースシステム日本法令外国語訳データベースシステム
※この記事は「日本法令外国語訳データベースシステム」の2010年1月現在の情報を転載しております。
競争法研究協会競争法研究協会
Copyrightc2017 競争法研究協会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
※この記事は「大阪大学大学院文学研究科」ホームページ内の「日英対訳言語学用語集」の情報を転載しております。
日本図学会日本図学会
Copyright (C) 2017 日本図学会 All rights reserved.
ライフサイエンス辞書プロジェクトライフサイエンス辞書プロジェクト
Copyright (C) 2017 ライフサイエンス辞書プロジェクト
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
独立行政法人情報通信研究機構独立行政法人情報通信研究機構
Copyright(C)2002-2017 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2017 CJKI. All Rights Reserved
株式会社クロスランゲージ株式会社クロスランゲージ
Copyright © 2017 Cross Language Inc. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wiktionary英語版」の記事は、Wiktionaryのargument (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
CMUdictCMUdict is Copyright (C) 1993-2008 by Carnegie Mellon University.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン
無料会員になると
使える機能が満載!
無料会員に登録するweblioに登録するメリットはこちら
英→日 日→英

このモジュールを今後表示しない
英和和英辞典検索ランキング
こんにちは ゲスト さん

ログイン
無料会員になると
使える機能が満載!
無料会員に登録するweblioに登録するメリットはこちら

©2017 Weblio RSS