小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和辞典 > weightの意味・解説 

weightとは


クイック再生プレーヤー再生
ピン留め
単語を追加
主な意味重さ、重量、体重、重力、重いもの、(はかりの)分銅(ふんどう)、おもし、文鎮、紙押さえ、(運動競技用の)砲丸
音節weight 発音記号・読み方
/weɪt(米国英語)/

weightの
変形一覧

動詞:weighting(現在分詞) weighted(過去形) weighted(過去分詞) weights(三人称単数現在)
名詞:weights(複数形)

weightの
イディオムやフレーズ

weightの
学習レベル

レベル2英検準2級以上の単語学校レベル高校1年以上の水準TOEICスコア350点以上の単語大学入試センター試験対策レベル

研究社 新英和中辞典での「weight」の意味

weight

音節weight 発音記号/wéɪt/音声を聞く
名詞

1

不可算名詞


b

【物理学】 重力.


2

可算名詞


a

重いもの.


The bag was such a weight. そのかばん実にかった.

b

(はかりの)分銅(んど).


e

スポーツ (ボクシング・レスリングなどの選手の)体重による階級ウェート.


3

a

不可算名詞 衡量体系衡法.


b

可算名詞 衡量[重量]単位.


4

不可算名詞 (…の)目方に相当する.


5

可算名詞 [通例単数形で] (心の)重荷重圧圧迫; 負担.


6

不可算名詞 重要性重み; 勢力有力.



名詞としての「weight」のイディオムやフレーズ
cárry wéightpúll one's (ówn) wéight
thrów one's wéight abòut [aròund]wórth one's [its] wéight in góld
動詞 他動詞

1

a

〈…を〉重くする,〈…に重みをかける.


b

〔+目的語+with+()名詞〕〈…を〉〔…で〕重くする.


b

〔+目的語+down+with+()名詞〕〈…に〉〔重荷を〕負わせる 《★通例受身用いる》.


I was weighted down with a heavy rucksack. 私は重いリュックサックわされていた.

3

〔+目的語+down〕〈心配苦労が〉〈を〉悩ませる苦しめる 《★通例受身用い前置詞は with,by》.


WEIGH名詞; 形容詞 weighty

スポーツのほかの用語一覧
スポーツ:  up front  visitor  warm the bench  weight
競技:  anchor  badminton  balk

「weight」を含む例文一覧

該当件数 : 49944



例文

a weight例文帳に追加

目方 - EDR日英対訳辞書

one's weight例文帳に追加

体重 - EDR日英対訳辞書

例文

the weight of cargo after the weight of the container is subtracted, called net weight例文帳に追加

品物の正味の目方 - EDR日英対訳辞書

>>例文の一覧を見る

Eゲイト英和辞典での「weight」の意味

weight

音節weight発音記号wéɪt変化~s{-ts}
重さ
名詞
動詞
他動詞

ハイパー英語辞書での「weight」の意味

研究社 英和コンピューター用語辞典での「weight」の意味

マイクロソフト用語集での「weight」の意味

機械工学英和和英辞典での「weight」の意味

和英河川・水資源用語集での「weight」の意味

weight

法令用語日英標準対訳辞書での「weight」の意味

weight

学術用語英和対訳集での「weight」の意味

weight

英和防災用語集での「weight」の意味

weight

ITER(国際熱核融合実験炉)用語対訳辞書での「weight」の意味

英和医学用語集での「weight」の意味

weight

日本語WordNet(英和)での「weight」の意味

EDR日英対訳辞書での「weight」の意味

日英・英日専門用語辞書での「weight」の意味

Weight

斎藤和英大辞典での「weight」の意味

Weblio専門用語対訳辞書での「weight」の意味

weight


WEIGHT


Weight

Weblio専門用語対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblio英和対訳辞書での「weight」の意味

weight


weight


weight


weight


Weight


Weight


Weight (representation theory)

ウェイト (表現論)
表現論という数学の分野において F 上の代数 A のウェイト: weight)とは,A から F への代数準同型英語版であるあるいは同じことだが,A の F 上の1次元表現であるそれは乗法指標英語版)の代数の類似であるしかしながら概念の重要性は,リー環表現への,したがって代数群リー群の表現への,その応用から生じる.この文脈では,表現ウェイト固有値概念の一般化であり対応する固有空間ウェイト空間と呼ばれる目次1 動機づけ一般概念1.1 ウェイト1.2 リー環表現ウェイト空間2 半単純リー環2.1 ウェイト空間の順序2.2 ウェイト2.3 ウェイト2.4 最高ウェイト2.5 最高ウェイト加群2.6 ヴァーマ加群3 関連項目4 脚注4.1 4.2 出典5 参考文献動機づけ一般概念ウェイト行列集合 S であって各行対角化可能で任意の2つ可換なものが与えられると,S のすべての同時に対角化することが必ずできる[note 1][note 2].同じことであるが有限次元ベクトル空間 V の互いに可換半単純線型変換任意の集合 S に対して,S のすべての元の同時固有ベクトルからなる V の基底が存在するこれらの共通の固有ベクトル v ∈ V は End(V) の自己準同型集合 S によって生成される部分代数 U 上の線型汎関数定義する;この汎関数は U の元に固有ベクトル v の固有値対応させる写像として定義される.この写像乗法でもあり,恒等写像を 1 に送るしたがってそれは U から基礎体への代数準同型である.この「一般固有値」はウェイト概念のプロトタイプである概念群論における乗法指標英語版)のアイデア密接に関係しているこれは G から F の乗法群への準同型 χ であるしたがって χ: G → F× は χ(e) = 1(ただし e は G の単位元)とG のすべての g, h に対して χ(gh) = χ(g)χ(h)を満たす実際,G が F 上のベクトル空間 V に作用していると,G の元に対する同時固有空間は,存在すれば,G 上の乗法指標決定する元のこの共通の固有空間上の固有値である乗法指標概念は F 上の任意の代数 A に,χ: G → F× を線型写像χ: A → F, χ(ab) = χ(a)χ(b) (a, b ∈ A)に置き換えることによって拡張できる代数 A が F 上のベクトル空間 V 上に任意の同時固有空間作用しているとき,これは A から F への A のをその固有値送る代数準同型に対応する.Aリー環一般に結合代数ではないであるとき,指標乗法性要求する代わりに,リーブラケットを対応する交換子送ること要求するしかし F は可換であるからこれは単にこの写像がリーブラケットで消えること:χ([a, b]) = 0 を意味する F 上のリー環 g のウェイトは,線型写像 λ: g → F であってすべての x, y ∈ g に対して λ([x, y]) = 0 となるものであるリー環 g 上の任意のウェイト [g, g] 消えるから可換リー環 g/[g, g] 上のウェイトを誘導するしたがってウェイト主に可換リー環に対して興味たれるその場合可換線型変換たちの空間に対する一般固有値単純な概念帰着する.G がリー群代数群のとき乗法指標 θ: G → F× は微分によってそのリー環上のウェイト χ = dθ: g → F を誘導する.(リー群に対してこれは G の単位元における微分であり代数群の場合分の概念を用いた抽象化である.)リー環表現ウェイト空間ウェイト集合の中でいくつか表現データに関係する.V を F 上のリー環 g の表現とし,λ を g のウェイトとするこのとき V のウェイト λ: h → F(ただし h は g のカルタン部分環)のウェイト空間とは,部分空間 V λ := { v ∈ V : ∀ ξ ∈ h , ξ ⋅ v = λ ( ξ ) v } {\displaystyle V_{\lambda }:=\{v\in V:\forall \xi \in {\mathfrak {h}},\quad \xi \cdot v=\lambda (\xi )v\}} であるただし ξ ⋅ v {\displaystyle \xi \cdot v} は h の V への作用を表す).表現 V のウェイトとはウェイト λ であって対応するウェイト空間非零もののことである.ウェイト空間の非零元はウェイトベクトルと呼ばれる.V がそのウェイト空間の直和 V = ⨁ λ ∈ h ∗ V λ {\displaystyle V=\bigoplus _{\lambda \in {\mathfrak {h}}^{*}}V_{\lambda }} であるとき,ウェイト加群と呼ばれるこれはすべてのされた元に対する共通の固有基底同時固有ベクトル基底が存在すること,つまり同時対角化可能な行列が存在することに対応する同様にリー群結合代数の任意の表現に対してウェイト空間 Vλ を定義できる半単純リー環g をリー環とし,h を半単純元からなる極大可換リー部分環カルタン部分環と呼ばれる)とし,V を g の有限次元表現とする.g が半単純であるとき,[g, g] = g でありしたがって g のすべてのウェイト自明であるしかしながら,V は,制限によって,h の表現であり,V が h についてのウェイト加群であることすなわちそのウェイト空間の直和に等しいことはよく知られている用語濫用により,h の表現としての V のウェイトしばしば g の表現としての V のウェイトと呼ぶ類似の定義リー群 G, 極大可換リー部分群 H, G の任意の表現 V に適用する明らかに,λ が G の表現 V のウェイトであるとき,G のリー環 g の表現としての V のウェイトでもある.V が g の随伴表現であるとき,そのウェイトルート呼ばれウェイト空間ルート空間呼ばれウェイトベクトルはルートベクトルと呼ばれる g は半単純とし,選ばれたカルタン部分環 h と対応するルート系持つとするルート Φ+ の選択固定するこれは単純ルート集合の選択同値であるウェイト空間の順序h*0 を h* の g のルート生成される実部空間それが複素のときとする.h*0 の順序定義する2つの方法がある.1はμ ≤ λ を λ − μ が単純ルート非負線型結合であることとする2つ f ∈ h0 によりμ ≤ λ を μ(f) ≤ λ(f) と定める通常,f はすべてのルート β に対して β(f) > 0 となるように選ばれるウェイトウェイト λ ∈ h* があるいは g-であるとは,γ がルートなるコルート Hγ に対して λ(Hγ) ∈ Z となることをいう.基本ウェイト ω1, ..., ωn は次の性質によって定義されるそれらは単純コルート H α 1 , … , H α n {\displaystyle H_{\alpha _{1}},\ldots ,H_{\alpha _{n}}} の集合双対な h* の基底をなす.したがって λ がであるとは,基本ウェイト整数結合であることであるすべての g-ウェイト集合は h* における格子であり,g のウェイト格子呼ばれ,P(g) と書かれるリー群 G のウェイト λ[要説] がであるとは,exp(t) = 1 ∈ G なる t ∈ h に対して, λ ( t ) ∈ 2 π i Z {\displaystyle \lambda (t)\in 2\pi i\mathbf {Z} } となることをいう.半単純な G に対してすべての G-ウェイト集合部分格子 P(G) ⊂ P(g) である.G が単連結ならば,P(G) = P(g) である.G が単連結でなければ格子 P(G) は P(g) よりも小さくそれらのは G の基本同型であるウェイトウェイト λ がであるとは,γ がルートなるコルート Hγ に対して λ ( H γ ) ≥ 0 {\displaystyle \lambda (H_{\gamma })\geq 0} であることをいう.同じことであるが基本ウェイト非負線型結合であることをいう.ウェイト凸包fundamental Weyl chamber と呼ばれる用語ウェイト」は,(上の意味でかつウェイトを表すために用いられることもある最高ウェイト表現 V のウェイト λ が最高ウェイトであるとは,上で与えられた半順序において λ よりも大きい V の他ウェイト存在しないことをいう.ときどき,V のすべての他のウェイトが λ よりも真に小さいというより強い条件を課す.「最高ウェイトという用語はしばしば「最高ウェイト加群」の最高ウェイトを意味する最低ウェイト同様に定義されるすべての可能なウェイトからなる空間ベクトル空間である.このベクトル空間全順序あって少なくとも1つ非零係数持つベクトルの非負線型結合別のベクトルであるようなものを固定しようすると表現が「最高ウェイト λ」を持つとは,λ がウェイトでありすべての他のウェイトは λ よりも小さいことをいう.同様に,「最低ウェイト λ」を持つとは,λ がウェイトでありすべての他のウェイトは λ よりも大きいことをいう.ウェイト λ のウェイトベクトル vλ ∈ V は,V の他全てのウェイトが λ よりも小さいとき,最高ウェイトベクトルと呼ばれる最高ウェイト加群g の表現 V が最高ウェイト加群であるとは,g のすべてのルート空間の作用零化されるウェイトベクトル v ∈ V によって生成されることをいう.半単純リー環 g のすべての有限次元既約表現最高ウェイト加群であり表現はその最高ウェイトによって分類できる ("theorem of the highest weight").これは最高ウェイト持つ g 加群よりいくぶん特別である同様にリー群の表現に対して最高ウェイト加群定義できる.ヴァーマ加群ウェイト λ ∈ h* に対し最高ウェイト λ を持つ単純最高ウェイト g 加群が(同型を除いて一意に存在し,L(λ) と書かれる最高ウェイト λ をもつ最高ウェイト加群はヴァーマ加群英語版) M(λ) のであることを示すことができるこれは単にヴァーマ加群定義における普遍性述べ直しものである最高ウェイト加群ウェイト加群である最高ウェイト加群におけるウェイト空間はつね有限次元である関連項目最高ウェイト英語版脚注^ もまた正しい――対角化可能な行列のある集合可換であることとその集合同時対角化可能であることは同値である (Horn & Johnson 1985, pp. 5153).^ 実は代数閉体上の可換行列のある集合与えられると,対角化可能仮定ずとも同時三角可能である出典^ Hall 2015 Corollary 13.8 and Corollary 13.20^ Hall 2015 Theorems 9.4 and 9.5参考文献Fulton, William; Harris, Joe (1991), Representation theory. A first course, Graduate Texts in Mathematics, Readings in Mathematics, 129, New York: Springer-Verlag, ISBN 978-0-387-97495-8, MR 1153249, ISBN 978-0-387-97527-6 .Goodman, Roe; Wallach, Nolan R. (1998), Representations and Invariants of the Classical Groups, Cambridge University Press, ISBN 978-0-521-66348-9 .Hall, Brian C. (2015), Lie Groups, Lie Algebras, and Representations: An Elementary Introduction, Graduate Texts in Mathematics, 222 (2nd ed.), Springer Horn, Roger A.; Johnson, Charles R. (1985), Matrix Analysis, Cambridge University Press, ISBN 978-0-521-38632-6 Humphreys, James E. (1972a), Introduction to Lie Algebras and Representation Theory, Birkhäuser, ISBN 978-0-387-90053-7 .Humphreys, James E. (1972b), Linear Algebraic Groups, Graduate Texts in Mathematics, 21, Berlin, New York: Springer-Verlag, ISBN 978-0-387-90108-4, MR 0396773 Knapp, Anthony W. (2002), Lie Groups Beyond an Introduction (2nd ed.), Birkhäuser, ISBN 978-0-8176-4259-4 .。

one's (body) weight

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Wiktionary英語版での「weight」の意味

weight

出典:『Wiktionary』 (2017/01/18 14:50 UTC 版)

語源

From Middle English weight, weiȝte, weght, wight, from 古期英語 wiht, ġewiht(weight), from Proto-Germanic *wihtiz ("weight"; compare *weganą(to move)), from Proto-Indo-European *weǵʰ-(to move; pull; draw; drive).

Cognate with Scots wecht, weicht(weight), Saterland Frisian Wächte(scale), Saterland Frisian Gewicht(weight), West Frisian gewicht(weight), Dutch gewicht(weight), German Low German Wicht, Gewicht(weight), German Gewicht(weight).

発音

名詞

Weight (3) for balance.

weight ‎(countable かつ uncountable, 複数形 weights)

  1. The force on an object due to the gravitational attraction between it and the Earth (または whatever astronomical object it is primarily influenced by).
  2. An object used to make something heavier.
  3. A standardized block of metal used in a balance to measure the mass of another object.
  4. Importance or influence.
  5. (weightlifting) A disc of iron, dumbbell, or barbell used for training the muscles.
    He's working out with weights.
  6. (physics) Mass (net weight, atomic weight, molecular weight, troy weight, carat weight, etc.).
  7. (statistics) A variable which multiplies a value for ease of statistical manipulation.
  8. (topology) The smallest cardinality of a base.
  9. (typography) The boldness of a font; the relative thickness of its strokes.
  10. (visual art) The relative thickness of a drawn rule or painted brushstroke, line weight.
  11. (visual art) The illusion of mass.
  12. (visual art) The thickness and opacity of paint.
  13. Pressure; burden.
    the weight of care or business
  14. The resistance against which a machine acts, as opposed to the power which moves it.
  15. (slang, uncountable) Shipments of (often illegal) drugs.
    He was pushing weight.

関連する語

関連する語

ウィキペディア英語版での「weight」の意味

Weight

出典:『Wikipedia』 (2011/08/11 20:04 UTC 版)

英語による解説
ウィキペディア英語版からの引用

「weight」を含む例文一覧

該当件数 : 49944



例文

loss in weightweight loss例文帳に追加

目方の減り, 減量. - 研究社 新英和中辞典

I gained weight.例文帳に追加

私は太った。 - Weblio Email例文集

例文

Have to lose weight例文帳に追加

痩せなくちゃ - Weblio Email例文集

>>例文の一覧を見る



weightのページの著作権
英和辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2017 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版
© 2000 - 2017 Hyper Dictionary, All rights reserved
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2017 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
財団法人生命保険文化センター財団法人生命保険文化センター
Copyright © 2017 JILI. All rights reserved.
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2017 Microsoft
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
公益社団法人日本河川協会公益社団法人日本河川協会
Copyright(C) 2017 Infrastructure Development Institute-Japan. All Rights Reserved.
日本法令外国語訳データベースシステム日本法令外国語訳データベースシステム
※この記事は「日本法令外国語訳データベースシステム」の2010年1月現在の情報を転載しております。
ライフサイエンス統合データベースセンターライフサイエンス統合データベースセンター
DBCLS Home Page by DBCLS is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
「多国語防災用語集」国際防災の十年(IDNDR)国民会議「多国語防災用語集」国際防災の十年(IDNDR)国民会議
※この記事は『「多国語防災用語集」国際防災の十年(IDNDR)国民会議』の内容を転載しております。
独立行政法人日本原子力研究開発機構独立行政法人日本原子力研究開発機構
Copyright (C), Japan Atomic Energy Agency (JAEA)
※この記事は「北里大学医療衛生学部 医療情報学研究室」ホームページ内の「医学用語集」(2001.06.10. 改訂)の情報を転載しております。
ライフサイエンス辞書プロジェクトライフサイエンス辞書プロジェクト
Copyright (C) 2017 ライフサイエンス辞書プロジェクト
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
独立行政法人情報通信研究機構独立行政法人情報通信研究機構
Copyright(C)2002-2017 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.
日中韓辭典研究所日中韓辭典研究所
Copyright © 2017 CJKI. All Rights Reserved
株式会社クロスランゲージ株式会社クロスランゲージ
Copyright © 2017 Cross Language Inc. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wiktionary英語版」の記事は、Wiktionaryのweight (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wikipedia英語版」の記事は、WikipediaのWeight (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
CMUdictCMUdict is Copyright (C) 1993-2008 by Carnegie Mellon University.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン

このモジュールを今後表示しない

英語学習初心者におすすめ!英文で絵本が読める無料サイト5選

1,234

【英語】もっとカッコイイ「Yes!」「OK!」の言い方

1,234

【英語】日本食を英語で説明する言い方【30連発】

897
英→日 日→英

このモジュールを今後表示しない
英和和英辞典検索ランキング
こんにちは ゲスト さん

ログイン

©2017 Weblio RSS