小窓モード


プレミアム

ログイン
設定

設定

フォーカスは 「設定画面」 から変更可能

theとは


クイック再生プレーヤー再生
ピン留め
単語を追加
主な意味その、例の、問題の、現在の…、当時の…、抜群の、無類の、最高の、超一流の、…なるもの
コア the01.jpg

話し手と相手がある名詞情報を共有しているということを示す

theを使うかどうかは,話し手にとって対象が特定可能であるというだけでなく,「相手にとっても参照可能であること」が重要.相手による特定が可能な場合にはtheを使い,そうでない場合にはtheの使用を控える⇒a~2【語法】
音節the 発音記号
/(弱形) ðə 《子音の前》(米国英語), ðiː(英国英語)/

theの
学習レベル

レベル:1
学校レベル:中学以上の水準
英検:3級以上合格に覚えておきたい単語
TOEICスコア:220以上取得に覚えておきたい単語
語彙力診断テストを受ける
  • ・総合診断
  • ・TOEICテスト
  • ・英検
  • ・大学入試
  • ・TOEFLテスト

研究社 新英和中辞典での「the」の意味

the

音節the 発音記号/(弱形) ðə 《子音の前》, ði 《母音の前》; (強形) ðíː/
冠詞
定冠詞》 (cf. a,→an)
A [限定用法として] その,例の問題の 《★【用法】 強いてさないでよい場合が多い》:
He keeps a dog and a cat. The cat is bigger than the dog. 彼はを飼っている. そのはそのより大きい.

c

[限定語句を伴う 可算名詞 または 不可算名詞名詞につけて].


the water in the pond その.
the book (which) you lost なくした.
She works (the) hardest of the sisters. その姉妹のなかで彼女がいちばん勉強家だ.
The wind was cold. かった 《★【比較】 A cold wind was blowing.》.
The sky was cloudless. には一つなかった 《★【比較】 It was a cloudless sky.》.
I took him by the sleeve. 彼のそでを取った.
The dog bit him on the leg. 彼のをかんだ.
in the morning [午前]に.
Your grade was in the nineties. 君の点数90 点だ.
the sun 太陽.
the moon .
the earth 地球 《★【比較】 惑星のとしては Earth》.
The children have gone to play with their friends. 子供たち友だち遊びかけた.
The Hague ハーグ 《★オランダ語the garden' のから》.
the English language 《★【用法】 普通は単に 不可算名詞English用いる》.

j

[スコットランド・アイルランドなどで一族族長姓の前につけて].


B [総称用法として]

1

a

[単数形可算名詞名詞につき,その種類属するもの全体をさして] …なるもの,…というもの.


The gramophone was invented by Thomas Edison. 蓄音機はトマスエジソンによって発明された.
The dog is a faithful animal. 忠実な動物である 《★【用法】 同じ意味で A dog is a faithful animal., Dogs are faithful animals. と表現されるが, 最後の表現最も口語的; manwomanchild, boy, girl などと対照的に用いられる場合のほかは代表単数the用いない; : Man is mortal. 人間には寿命がある》.
the stage 舞台」, 演劇().
The pen is mightier than the sword. 《》 ⇒pen 2.
a dollar by the day 1日につき 1 ドル 《★【比較】 a dollar a [per] day のほうが一般的》.
This car does 30 miles to the gallon. このは 1 ガロン(のガソリン)で 30 マイル走る.
to the HOUR 【成句】.
―/(弱形) ðə 《子音の》, ði 《母音の前》/
副詞
I like him all the better for his faults. あの人欠点があるからかえって好きです.
The more, the merrier. ければますます愉快.
【語源】
古期英語から; THAT と同語


「the」を含む例文一覧

該当件数 : 49746



例文

the beautiful 例文帳に追加

美. - 研究社 新英和中辞典

the coffers of the State 例文帳に追加

国庫. - 研究社 新英和中辞典

例文

(the) counsel for the prosecution 例文帳に追加

検事. - 研究社 新英和中辞典


Eゲイト英和辞典での「the」の意味

the

音節the発音記号(())ðə(子音の),ði(母音の前);(())ðíː
コア話し手相手がある名詞情報共有しているということを示す
theを使うかどうかは話し手にとって対象特定可能であるというだけでなく,「相手にとっても参照可能であること」が重要相手による特定が可能な場合にはtheを使いそうでない場合にはtheの使用控える⇒a~2【語法
常識的共有その1
文脈共有その2
指示的共有その3
全体のうちの部分特定4
単位特定年代歳代5
対象特定比較6
総称というもの7
名詞化8
強調ほかならぬ9
話し手相手の間での,対象の共有感覚重要共有感覚持ちうる状況以下の1233通がある
1常識的共有その,あの
2文脈共有a先行状況共有して)その
b特定可能であることを予期して)その
3指示的共有その,あの
4全体のうちの部分特定
5単位特定a年代などを単位で特定して)年代
b計量の単位などを特定して)
6対象特定比較してa((形容詞の最上級序数詞onlyなどの前につけて))
b((比較級の前で用いて))どちらますます前よりずっと今よりさらに
c((2つの比較級から成る構文の中で))
7総称〕(種の全体をさしてというもの
8名詞化〕((形容詞・過去分詞付けて))
9強調ほかならぬあの,まさにの中の発音{d\i´:}, 印刷では通例斜体にする

語法
常識的共有とは,ある集団特定の場面常識とされていることを前提に相手対象特定することができるだろうと考えられる場合を言う例えばthe earththe sunと言えば常識的に地球」「太陽」のことと理解するだろうという想定働くthe moon, the universe, the world, the sky, the seaなども同様.またHow can I get to the post office?と言えば聞き手常識的に「(このあたりで最寄りの郵便局のことである」と理解するだろうという想定働く一方I was not able to use my car. The tires were slashed.では,the tiresがいきなり出てくるが,この場合,「というものにはタイヤついているという常識を,相手共有しているという想定働いている.もし相手がどういうものであるかを知らなければ,the tiresといきなりいうことはできない

語法
文脈共有とは文脈の中で対象特定可能になる場合を言うそれにはすでに言及された対象取り上げる場合a)と,これからその対象特定化する場合b)の2つがある例えばThe cat always gives me comfort.(a)では,話し手買ったという事実聞き手知っているという想定働いているところがb例のようにいきなりthe personと言うことがある.このtheには対象特定可能になることを事前に聞き手予期させる働きがあるこの例では後続のI was going to introduce to youがtheの使用可能にしている

語法
指示的共有とは,文脈聞き手意識の中にいものでも,対象指示することで共有可能にする場合を言うLook at the car across the street.の話し手は,発話によって聞き手注意を「道路向こう側にある」に向けさせて,「その」を特定可能としているため,話し手the carと言っている
the02.jpg

語法aとthe冠詞の考え方
冠詞を伴って名詞を表現するときは,どのような対象想定しているを考える例えばリンゴであれば,「どんなリンゴ」を想定しているによってan apple複数個であればapples)かappleという選ぶ
想定されたリンゴについての情報を,相手共有すればthe appleと言える.theを用いるということは相手情報共有されているはずであるということを示すからである
ただし,the appleになると,もとがan appleなのかappleなのかがわからなくなり,それが一個リンゴ」か「すりつぶしリンゴなのかといったことがあいまいになることがあるしかしこれは,theを用いるということは話者の間で既に情報共有されているという認識になっているためである
the03.jpg

語法aとthe既知情報新情報
話し手聞き手双方特定可能であるということは情報としては既存のもの」として扱われることになるしたがって新しい情報を表すときには「the+名詞」ではなく,「a+名詞」を用いる例えば,Aねた家で新しいテレビ見つけWow, you got a new TV.(わあ,新しいテレビ買ったんだね)と言ったとする.この状況では,A君はテレビ指差しており相手にもそれがわかるこれは指示的共有3)でのtheを使用する条件に合致していると言えるが,発見した驚きを表すには,the new TVよりもa new TVのほうが適切である
the04.jpg

語法aとtheplay the pianoplay baseball
ピアノを弾く」はplay the piano表す.このtheは1常識的共有〕であって,「あなたもご存じいわゆるピアノ総称としてのピアノ)」というピアノ具体なので,「ピアノを弾く」はplay a pianoそうだが,大きさなど,さまざまなピアノ想定することが可能となってしまい,「ピアノという種類の中の(ある)1つというになり,「何か特別のピアノを弾くという印象相手与えてしまう一方総称であれば複数形を用いてplay pianosそうだが,「pianosはa piano複数ある」ということで,「いろいろな種類のピアノを弾く」と受け取られてしまう
一方,「野球をする」はplay baseballというように無冠詞表す野球スポーツであり具体ではない述べたようにピアノ具体であるために,さまざまなピアノ想定することが可能だが,野球には,このような意味でいろいろな種類があるわけではない従って野球具体としてとらえることができず,無冠詞baseball表す
the05.jpg

語法総称を表す用法
dogs
という動物のように総称を表すときは,Dogs are cute.(かわいいのように名詞の複数形用いるのが一般的
the dog
the dogには形式ばった響きがあるだけでなく,theには対象特定化する働きがあるため,具体的な想定しやすい.I like the dog.(私はその好きだのように目的語位置では特にその強くなるそこで,「私はという動物好きだ」と表す場合I like dogs.と言えば明確になる
a dog
aにも総称を表す機能があり(⇒a~25),A dog is cute.という言い方可能だが,a dog主語持ってくると「どのでも(any single dog)」という強い意味にも受け取られる.またI like a dog.のように目的語位置用いると「何か特別な種類のという印象与えてしまう(⇒【語法aとthe).また「イヌ科動物のように全体」を話題にするときはdogsthe dogい,a dog使えない

語法固有名詞とthe
固有名詞の中にはtheをつけるものがある.どの場合付けるに関する明確な規則はないが,以下のabcd目安となる
a複数形固有名詞〕((山脈諸島家族などまとまり示して))/the Rockiesロッキー山脈/the Philippinesフィリピン/the Hawaiian Islandsハワイ諸島/the Nakamuras中村一家(「中村夫妻」のもある)
b省略のある固有名詞〕/the Hilton (Hotel)ヒルトンホテル/the Shinano (River)信濃川/the Pacific (Ocean)太平洋/the Sahara (Desert)サハラ砂漠/the Treasure米国の)財務省(the Department of Treasure
c修飾語を含む固有名詞半島渓谷など〕/the Sea of Japan日本海/the Atlantic Ocean大西洋/the Korean Peninsula朝鮮半島/the Grand Canyonグランドキャニオン
公共建造物鉄道・橋など〕/the Queen Elizabethクイーンエリザベス/the White Houseホワイトハウス/the Tokaido Line東海道線/the Brooklyn Bridgeブルックリン橋/the Golden Gate Bridgeゴールデンゲートブリッジ金門橋Golden Gate Bridgeともいう
官公庁団体など〕/the Ministry of Education文部省/the World Bank世界銀行/the American Medical Associationアメリカ医師会
出来事〕/the Civil War米国の)南北戦争/the Second World War第二次世界大戦ただしthe Renaissanceルネサンス)は修飾語伴わないがtheを付ける
新聞〕/the Washington Postワシントンポスト修飾語わなくてもthe Timesタイムズ),the Yomiuri読売新聞のようにtheを付ける
称号敬称〕/the Princess of Walesプリンセス・オブ・ウェールズ英国皇太子)/Alexander the Greatアレキサンダー大王ただし修飾語句わなくてもthe Popeローマ教皇のようにtheを使うことがあるが,Popeともいう
d修飾語によって内容特定して〕/the angry Bobおこりボブan angry Bobだと「(怒っているボブ」)/the late Prime Minister Yoshida吉田首相

ハイパー英語辞書での「the」の意味

the

その, 例の
用例
He taught himself to play the violin.
印欧語
so-主格としての)this, thatのを表す。the, sheの由来印欧語to-の参照

法令用語日英標準対訳辞書での「the」の意味

the

遺伝子名称シソーラスでの「the」の意味

The

rat遺伝子名The
同義語(エイリアス)11413; TH; Tyrosine 3-hydroxylase; Th; tyrosine hydroxylase; Tyrosine 3-monooxygenase
SWISS-PROTのIDSWISS-PROT:P04177
EntrezGeneのIDEntrezGene:25085
その他のDBのIDRGD:3853

本文中に表示されているデータベースの説明

SWISS-PROT
スイスバイオインフォマティクス研究所欧州バイオインフォマティクス研究所によって開発運営されているタンパク質アミノ酸配列データベース
EntrezGene
NCBIによって運営されている遺伝子データベース染色体上の位置配列発現構造機能、ホモロジーデータなどが含まれている
RGD
ウィスコンシン医科大学により運営されるラット遺伝子ゲノム情報データベース

Weblio英語表現辞典での「the」の意味

the

訳語 あの

斎藤和英大辞典での「the」の意味

the

;あの

Weblio英和対訳辞書での「the」の意味

the

レ, 其の, ザ

The

テ; テー
Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Wiktionary英語版での「the」の意味

the

出典:『Wiktionary』 (2016/05/29 21:13 UTC 版)

語源 1

From Middle English the, from 古期英語 þē ‎(the, that, demonstrative pronoun), a late variant of ‎(that, the). Originally masculine nominative, in Middle English it superseded all previous 古期英語 forms (, sēo, þæt, þā), from Proto-Germanic *sa ‎(that), from Proto-Indo-European *só, *to-, *tód ‎(demonstrative pronoun). Cognate with Saterland Frisian de, die ‎(the, that), West Frisian de, dy ‎(the, that), Dutch de, die ‎(the, that), Low German de, dat ‎(the, that), German der, die, das ‎(the, that), Danish den ‎(the, that), Swedish den ‎(the, that), Icelandic það ‎(that).

冠詞

the

  1. Definite grammatical article that implies necessarily that an entity it articulates is presupposed; something already mentioned, or completely specified later in that same sentence, or assumed already completely specified. [from 10th c.]
    I’m reading the book. (Compare I’m reading a book.)
    The street in front of your house. (Compare A street in Paris.)
    The men and women watched the man give the birdseed to the bird.
  2. Used before an object considered to be unique, or of which there is only one at a time. [from 10th c.]
    No one knows how many galaxies there are in the universe.
    God save the Queen!
  3. With a superlative, it and that superlative refer to one object. [from 9th c.]
    That apple pie was the best.
  4. Introducing a term to be taken generically; preceding a name of something standing for a whole class. [from 9th c.]
  5. Used before an adjective, indicating all things (especially persons) described by that adjective. [from 9th c.]
    Feed the hungry, clothe the naked, comfort the afflicted, and afflict the comfortable.
  6. Used to indicate a certain example of (a noun) which is most usually of concern, or most common or familiar. [from 12th c.]
    No one in the whole country had seen it before.
    I don't think I'll get to it until the morning.
  7. Used before a body part (especially of someone previously mentioned), as an alternative to a possessive pronoun. [from 12th c.]
    A stone hit him on the head. (= “A stone hit him on his head.”)
  8. When stressed, indicates that it describes an object which is considered to be best or exclusively worthy of attention. [from 18th c.]
    That is the hospital to go to for heart surgery.
引用
使用する際の注意点
派生語

語源 2

From Middle English the, thy, thi, from 古期英語 þȳ ‎(by that, after that, whereby), originally the instrumental case of the demonstratives ‎(masculine) and þæt ‎(neuter). Cognate with Dutch des te ("the, the more"), German desto ("the, all the more"), Norwegian fordi ("because"), Icelandic því ‎(the; because), Faroese , Swedish ty.

副詞

the ‎(not comparable)

  1. With a comparative or more and a verb phrase, establishes a parallel with one or more other such comparatives.
    The hotter, the better.
    The more I think about it, the weaker it looks.
    The more money donated, the more books purchased, and the more happy children.
    It looks weaker and weaker, the more I think about it.
  2. With a comparative, and often with for it, indicates a result more like said comparative. This can be negated with none.
    It was a difficult time, but I’m the wiser for it.
    It was a difficult time, and I’m none the wiser for it.
    I'm much the wiser for having had a difficult time like that.

統計情報

Most common English words before 1923: #1: the · of · and · to

アナグラム


the-

出典:『Wiktionary』 (2016/01/19 06:05 UTC 版)

別の表記

theo-

語源

From Latin theo- ‎(god), combining form of theos ‎(god); from Ancient Greek θεό- ‎(theó-, god), combining form of θεός ‎(theós, god).

接頭辞

the- (combining form)

  1. (religion) god or diety

使用する際の注意点

Combined in terms about god or religion.

派生語

English words prefixed with the-


別の表記

theo-

語源

From Ancient Greek θεό- ‎(theó-, god), combining form of θεός ‎(theós, god).

派生語


ウィキペディア英語版での「the」の意味

The...

出典:『Wikipedia』 (2011/04/30 04:24 UTC 版)

英語による解説
ウィキペディア英語版からの引用

「the」を含む例文一覧

該当件数 : 49746



例文

the Holy One=the One above 例文帳に追加

神. - 研究社 新英和中辞典

the prime of the year 例文帳に追加

春. - 研究社 新英和中辞典

例文

the region beyond the grave 例文帳に追加

冥土. - 研究社 新英和中辞典




theのページの著作権
英和辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2016 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版ハイパー辞書:会津大学•筑波大学版
© 2000 - 2016 Hyper Dictionary, All rights reserved
日本法令外国語訳データベースシステム日本法令外国語訳データベースシステム
※この記事は「日本法令外国語訳データベースシステム」の2010年1月現在の情報を転載しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ライフサイエンス統合データベースセンターライフサイエンス統合データベースセンター
DBCLS Home Page by DBCLS is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wiktionary英語版」の記事は、Wiktionaryのthe (改訂履歴)、the- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio英和・和英辞典に掲載されている「Wikipedia英語版」の記事は、WikipediaのThe... (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
CMUdictCMUdict is Copyright (C) 1993-2008 by Carnegie Mellon University.

ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。

こんにちは ゲスト さん

ログイン
英→日 日→英
こんにちは ゲスト さん

ログイン

©2016 Weblio RSS